タグ:Panasonic ( 3 ) タグの人気記事
マイクロフォーサーズシステムの発表
今年一番のサプライズかもしれません。オリンパスとパナソニック共同での「マイクロフォーサーズシステム」の発表。

今朝、電車で日経新聞を読んでいると、「ビジネスTODAY」という本日発表のある主な事項が並んでいる欄に目が留まりました。そこには…

松下電器産業とオリンパス
デジタル一眼レフカメラの新規格策定を発表

との一文が… 電車の中で一気に舞い上がり、携帯電話で価格.comのクチコミ掲示板に速攻で書き込んでしまいました。それからは、どんな規格だろうか、何時に発表があるのかと思いをめぐらることとなりました。

おそらくはDP Reviewに投稿されていた「PEN D」のようなものだろう、そうあって欲しいな、思っていました。で、発表されたプレスリリースをみると、その通り、フルサイズを目指す他メーカーとは逆張りの小型化路線。
フルサイズもあり、APSや4/3もあり、PEN D(もはやこう呼んでしまいますが)もあり、と用途にあわせてバリエーションがあった方がユーザの利便性は高くなるのでありがたいです。

また、私にとって、E-3くらいが大きい方の限界なので、メインをE-3系統で、サブをPEN Dで(さらに水の中など特殊用途はコンデジで)、というシステムを組みたいと思ってます。今日の発表を聞くまでは、サブはE-400系統に担ってもらう予定でしたが、いきなり路線変更です^_^

さらに、4/3のWebを見ると、小型化と並んで動画対応がうたわれており、カメラ中心でビデオも必要な時に撮りたい、という要望にまで応えてくれているところが、うれしかったですね(これがあるので、FinePix S9000を捨てられない)。

続々と記事もでており、これからの詳細が楽しみです。
9月のフォトキナでモックアップくらいは見たいですね~。
[PR]
by ohkujiraT | 2008-08-05 20:11 | 機材関連 | Comments(4)
Panasonic LUMIX L10、LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S. 発表
E-3の発表を前に、海外で発表されていたパナソニックのLUMIX L10が発表されました。

FZ50を思わせるデザイン、コントラストAFや顔認識AF/AE、これにライブビューとフリーアングル液晶モニターと、良い意味でのコンパクトデジカメのテイストが入り、コンパクトデジカメからのステップアップを狙っていると見受けました(特にLUMIXユーザの受け皿として)。
うーんここまでやるか、と思ったのが、パナソニックお得意のEX光学ズーム。トリミングしているだけといえばそうですが、デジタルらしい機能を盛り込んできましたね。これらの機能が、E-410系で実現すると(サイズ優先でフリーアングル液晶でなくてもOK)、コンパクトデジカメからのステップアップ層にもっとアピールするのになぁと思ってしまいました。

それはさておき、今回の発表でもっとも注目していたのが、高倍率ズームのLEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.
もっと正確には、おいくらでしょう??でした。さて、そのお値段はといえば…  希望小売価格 170,100円(税込)。じゅうななまんひゃくえんですと~!! ちょっと頑張ればE-3 買えるやん(たぶん)。

実売価格は15万円前後でしょうか(根拠なし)。 それでも買えません。お値段を見た瞬間、以前書いたE-3を買わない(買えない)場合の代替案「E-330強化案」ははるかかなたへと消えたのでした。

やっぱりE-3 か~(予算はまだまだ備蓄中(爆))
[PR]
by ohkujiraT | 2007-09-25 23:59 | 機材関連 | Comments(2)
LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm / F3.5-5.6 ASPH. / MEGA O.I.S. 発表
USで、E-510と兄弟機と思われるLUMIX L10が発表されました。それと同時にキットレンズのLEICA D VARIO-ELMAR 14-50mm / F3.8-5.6 ASPH. / MEGA O.I.S.、そしてロードマップに発表されてから期待していたLEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm / F3.5-5.6 ASPH. / MEGA O.I.S.もあわせて発表されました。

以前の記事でも書いた通り、ライブビューAモードで無理な体勢で撮影することもあるE-330には、常々手ブレ補正が欲しいなぁ、と思っていました。また、子供が通う保育園のお遊戯会でも、レンズ交換なしで28mm-300mm(35mm換算)をカバーし、かつ、手ブレ補正付で使えるので魅力を感じていたのでした。

もっとも、まもなく発表されるであろうボディ内手ブレ補正付のE-3にE-330のAモード相当以上のライブビューがあれば、文句なくそちらに走ることになります。が、そうでもないような可能性もあり、そうでなければ、E-330の強化延命のため、このレンズはいい選択ではないかと考えてます。

それで、現在使用している標準、望遠のレンズ2本(ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5、ZUIKO DIGITAL 40-150mm F3.5-4.5)の焦点距離をカバーすることになるため、比較してみました。(見づらい場合は画像をクリックしてみてください)

d0087407_0141878.jpg

比較表を作ってみて、場合により(お遊戯会、ちょっとした旅行など)、使えるなぁと思いました。ただ、レンズが暗くなるのと、マクロ性能が落ちるため、ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5より軽いZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro(300g)などを持ち歩いてもよいかもしれません(50mm F2.0もまだ持ってません^^;)。

しかし、まだ値段がわからないので、実際のところはなんともいえません。あんまり高ければあきらめですね~。
[PR]
by ohkujiraT | 2007-08-31 23:34 | 機材関連 | Comments(0)