人気ブログランキング |
タグ:山中温泉 ( 5 ) タグの人気記事
飛騨・加賀の旅 その18(最終回):山中温泉 気になる建造物
その17で食べ歩いた山中温泉のメインストリート。ちょっと気になった建造物がありました。

泊まった宿に設置されていた火の見櫓。火災を知らせる半鐘もしっかり装備です。
d0087407_238146.jpg
OLYMPUS E-3, ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5, 54mm(35mm換算 108mm), F5.0, 1/250秒, ISO100, SILKYPIX Developer Studio Pro

あと2枚あります。
by ohkujiraT | 2009-11-17 23:20 | 石川 | Comments(12)
飛騨・加賀の旅 その17:山中温泉 温泉街食べ歩き
その16で黒谷橋から"あやとりはし"まで歩き、"あやとりはし"を渡って山中温泉の中心街へと入りました。

ここからは食べ歩きの時間です(^_^)

温泉地では基本の温泉たまご。山中温泉では「ゆせんたまご」と読むようです。
じつはこれは食べてませんでした…
d0087407_19234593.jpg
OLYMPUS E-3, ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5, 20mm(35mm換算 40mm), F5.6, 1/250秒, ISO100, SILKYPIX Developer Studio Pro

あと4枚あります。
by ohkujiraT | 2009-11-03 20:45 | 石川 | Comments(12)
飛騨・加賀の旅 その16:山中温泉 鶴仙渓 黒谷橋
ゴールデンウィークの飛騨・加賀の旅、前回掲載からひと月以上あきましたが続けていきます。今回を含めてあと3回の予定です。

鶴仙渓遊歩道にかかる3つの橋のうち、一番南にある「こおろぎ橋」から中央の「あやとりはし」まで歩いた翌日、一番北側にある「黒谷橋」から「あやとりはし」まで歩きました。遊歩道の端から中央の「あやとりはし」を目指し、その後、あやとりはしから近い温泉街中心部の食べ歩きという計画でした。

黒谷橋は、「こおろぎ橋」や「あやとりはし」と比較すると、オーソドックスながら風情があります。
d0087407_22215051.jpg
OLYMPUS E-3, ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5, 14mm(35mm換算 28mm), F4.0, 1/160秒, ISO100, SILKYPIX Developer Studio Pro

あと5枚あります。
by ohkujiraT | 2009-10-21 22:48 | 石川 | Comments(8)
飛騨・加賀の旅 その15:山中温泉 鶴仙渓 あやとりはし
ゴールデンウイークに出かけた飛騨・加賀の旅、その14で山中温泉に到着し、鶴仙渓遊歩道へと向かいました。鶴仙渓遊歩道では、南端の「こおろぎ橋」を起点に中間点の「あやとりはし」を目指しました。

遊歩道を進むとやがて見えてくる… 空間の捻じれ? 橋が歪んでいる…
そう、これが「あやとりはし」、鶴仙渓上空に存在する異空間を通過するため、捻じれて見える…(ウソ ^_^;)
d0087407_10453212.jpg
OLYMPUS E-3, ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5, 14mm(35mm換算 28mm), F7.1, 1/400秒, ISO100, SILKYPIX Developer Studio Pro

あと4枚あります。
by ohkujiraT | 2009-09-12 11:24 | 石川 | Comments(18)
飛騨・加賀の旅 その14:山中温泉 鶴仙渓 こおろぎ橋から
ゴールデンウイークに出かけた飛騨・加賀の旅、その13で金沢 兼六園をあとにし、その日の宿である山中温泉に向かいました。

石川県と福井県の県境近辺は芦原、山代、片山津などの著名な温泉地が集中しており、山中温泉もそのひとつに数えられます。その場所は山代温泉から大聖寺川を遡った奥にあり、鶴仙渓沿いに南北に細長く広がっています。

温泉宿は大聖寺川の両岸にあるものの、中心街は大聖寺川の西側にあり、中心街の対岸に渓谷沿いの鶴仙渓遊歩道が設けられています。山中温泉に投宿したのは、この遊歩道での散策や撮影が魅力的だったから、ともいえます。

さて、午後3時頃に宿に到着し、荷物を置いて早速散策に出かけました。
鶴仙渓遊歩道には両端と中央に合計3本の橋がかかっており、中心街と遊歩道を結んでいます。たまたま宿が遊歩道の南端に近い場所だったため、南端にかかる「こおろぎ橋」を渡り遊歩道へと向かいました。

「こおろぎ橋」は、総檜造りの木製の橋で、橋のたもとの九谷の陶石で作られた銘板によると…
----
蟋蟀(こおろぎ)橋
元禄時代以前からかかっている橋で、山中温泉の代名詞ともいえる名勝です。
この付近は岩石が多く、行く路は危なかったので(行路危:こうろぎ)と言われ、また秋の夜、可憐に鳴く蟋蟀の声にちなんで名付けられたとも言われています。
----
と古くから架けられていた橋だったようです。
遊歩道からさらに降りた場所から「こおろぎ橋」を撮影。
後方の宿はこおろぎ楼(ここに宿泊したわけではありませんが、この宿から見る「こおろぎ橋」とその風景もなかなかのようです)。
d0087407_23201328.jpg
OLYMPUS E-3, ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5, 41mm(35mm換算 82mm), F6.3, 1/100秒, ISO640, SILKYPIX Developer Studio Pro

あと4枚あります。
by ohkujiraT | 2009-08-27 23:33 | 石川 | Comments(10)