人気ブログランキング |
桜の金剛寺 その1:承前
ブログや現像などPCでの作業に関しては、どうも最近は休みの方が余裕がない状態です。
雨でも降れば子供を連れてどこかへ、といったこともないのですが(贅沢な言い草)、天気がいいせいか、出かけてはくたびれて寝てしまうことが多いです(ご飯の時に呑んでるせいもありますが^_^;)。
一方、撮影の方はと言えば、撮影しがいのある場所が比較的多いので(そう選んでるんですが^_^)、画像がたまる一方です… どう折り合いをつけるべきか…

さて、金剛寺へ桜を撮りに行ったのは先日の記事で書きましたが、まずは1枚。桜とは関係のないカットですが…

本堂とは天野川を挟んで対岸(といっても川幅は2-3mの小川)にある塔頭「無量寿院」の仏様。両脇には風車を持った小さな水子地蔵さんが並んでおりました。
d0087407_09850.jpg
OLYMPUS E-3, ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD, 200mm(35mm換算 400mm), F3.5, 1/320秒, ISO200, SILKYPIX Developer Studio Pro

桜の金剛寺 INDEX
その1:承前(2009年4月12日掲載)
その2:楼門(2009年4月14日掲載)
その3:境内(2009年4月18日掲載)
その4:天野川沿いの道(2009年4月22日掲載)
その5:花瓦(2009年4月28日掲載)
by ohkujiraT | 2009-04-12 23:59 | 大阪 | Comments(12)
Commented by miyatannaotan at 2009-04-13 06:34
金剛寺の小川は本当こじんまりとしていますが、すごく風情がありますよね。
この仏様は気づきませんでした。よいお顔をされてらっしゃいます。拝見して
いるこちらも優しい気持ちにさせてくれます。ピントとぼけ具合が絶妙で本当に
素敵な一枚ですね。勉強になります。ありがとうございました。
Commented by augustus_13 at 2009-04-13 10:59
この仏像は柔和な表情をされていらっしゃいますね。石の質感も感じられるステキな一枚です。
Commented by mokonotabibito at 2009-04-13 20:45
おお、さすがに被写体を探す力がすごいなあ・・・
これからの展開も楽しみです。
実は私も、miyatannaotanさんの情報のおかげで天野山に行ってきました。
ただ時間が無くあまり写真は撮れませんでした・・・
Commented by ohkujiraT at 2009-04-13 21:40
miyatannaotanさん、こんばんは。
こちらこそ、ありがとうございます。
レンズに撮らせてもらったようなものです(^^ゞ
風情ある天野川、ここでは小さな流れですが、下ると狭山池に繋がっているはずですよ(^_^)
Commented by ohkujiraT at 2009-04-13 21:42
暗夜行路さん、こんばんは。
柔和で何とも言えない穏やかな顔をされていました。
質感はレンズのおかげです(^^ゞ
Commented by ohkujiraT at 2009-04-13 22:54
mokonotabibitoさん、こんばんは。
あまり撮れなかったとは残念でしたね。
仏様のところには、実は子供が先に行ったのを追いかけたら出会い、何かのご縁で撮らせていただきました(^_^)
Commented by kujirax1 at 2009-04-13 23:27
水子地蔵さんなのですね、どうりで子供が。
慈悲に満ちた表情ですよね。
歴史を感じる質感も印象的ですね。
Commented by たぁぼう at 2009-04-13 23:28 x
こんばんは。
なんとフォトジェニックなお地蔵さんでなんしょう!
和風な場所には桜が似合いますから。
それにしても第二章以降のOLYMPUSは発色の具合とか素晴らしいと感じます。
あと前の日の記事(↓)、次はオレがそういう事になる予定です(笑)。
定番の生中スタート、あとはあれこれ。
翌日はスチャラカで過ごすつもり(^o^;v
Commented by yozora_nagameyou at 2009-04-14 01:05
こんばんは。
やさしいお顔ですね。 そのやさしいお顔はohkujiraTさんのよう。
後ボケがまた良いですね!
私も昼間眠っちゃいます。 花粉症で疲れて・・・。(^^ゞ
Commented by ohkujiraT at 2009-04-14 07:43
kujirax1さん、おはようございます。
子供を追いかけて迷い込んだ時、どういう空間かわからなかったのですが、子供を抱く(足にもすがりついています)姿を見て理解しました。
現地では近づいてまじまじとは見れなかったので、質感に関しては私も写真で見ました。石らしいいい感じだなと(^^ゞ
Commented by ohkujiraT at 2009-04-14 07:49
たぁぼうさん、おはようございます。
桜が背景にあると、もっとよかったですね(^_^)
いつも、飲み過ぎたら、あとでしんどいぞ、と言い聞かせるのですが、乾杯のあとは忠告のかけらも残らず、帰りの電車で反省をくりかえしています(爆)
ご自愛ください(^_^)
Commented by ohkujiraT at 2009-04-14 08:02
夜空さん、おはようございます。
いつも穏やかな気持ち・表情でいられるといいのですが、その境地は遥か先です(^_^)
私も平日は花粉症の薬の副作用で、睡魔に取り込まれそうになることしばしばです(+_+)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 桜の金剛寺 その2:楼門 紙吹雪の舞う街角 >>