人気ブログランキング |
フィジー 2000 (その9:VINAKA)
楽しい日々はあっという間に過ぎ去り、日本に帰る日が近づいてきました。帰り方は大きく2種類(他にもありますが)あります。
一般的でリスクが少ないのは、帰国前日に高速船「タイガーⅣ」で本島であるビティレブ島に戻って、ナンディ空港近くのホテルに泊まり、翌日帰国便に乗る、という方法。最後までアイランドリゾートを楽しみたい場合には、水上飛行機(あるいはヘリコプター)で帰国当日にナンディ空港まで飛び、帰国便に乗り換える、という方法。
後者は天候が悪いと水上飛行機が飛ばず、帰れなくなる可能性があります。利用するのは下の写真のような水上飛行機です
d0087407_029818.jpg

が、この時は、リスクに挑戦し、水上飛行機で帰国当日にビーチコマーを後にすることにしました。幸い天候もよく、無事空港近くの水上飛行機発着場に着き、帰国便に乗れました。
下の写真は、別な日に帰る人を撮影したものですが、けっこう荷物を搭載するスペースが小さく、入りきらなかった荷物を抱えて、えらく狭苦しかった記憶があります。
d0087407_0331061.jpg

いやぁ、この時はまだ30代前半で子供もいないこともあり、ビーチコマーのノリにピタッとはまりました。こんなノリノリな毎日の旅行も珍しいですね~。そのとき一緒に飲んだり騒いだり潜ったりした人たちにも恵まれたと思います。
タイトルの「VINAKA」は、フィジー語で「ありがとう」の意味です。そういう意味あいもこめて…
下の写真は、ビーチコマー島からの夕焼け、珍しく小さな子供がいました。そして、沖合いの島はこの時から3年後に訪れるトレジャー島です。
d0087407_0443342.jpg

さて、本来的には週末に撮影した画像を掲載してく趣旨のブログなのですが、たまたま週末に撮影できなかったことから書き始めたフィジー旅行記が随分とかかってしまいました。まさかこれだけかかると思っていませんでした(無計画^^;)
その間、今日まで週末も3回あり、撮影もしていました。今日でいったん、旅行記シリーズ?は終わり、通常モードに戻ります。またネタがなくなったら、次の旅行期を書きたいと思います。その時はおそらく「サムイ 2001」となるでしょう。

フィジー 2000 INDEX
その1:承前(2006年9月13日掲載)
その2:島へ向かう(2006年10月2日掲載)
その3:到着(2006年9月16日掲載)
その4:島と海(2006年9月17日掲載)
その5:まんぼ~のおやじさん(2006年9月19日掲載)
その6:酒盛り Part1(2006年9月21日掲載)
その7:酒盛り Part2(2006年9月23日掲載)
その8:フィジアン(2006年9月27日掲載)
その9:VINAKA(2006年10月2日掲載)
by ohkujiraT | 2006-10-02 00:50 | フィジー | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 彼岸花:紅白 フィジー 2000 (その8:... >>