機材整理 その69:SIGMA 56mm F1.4 DC DN | Contemporary Part1 ~チョイ・ボケマスター~
今回から、発表当初はその焦点距離から全くの検討対象外だったものの、ふとしたきっかけで興味を持ち、予約してまで購入した「SIGMA 56mm F1.4 DC DN | Contemporary」(以下「DN 56mm」)です。

DN 56mmは、SIGMAの3つあるレンズのプロダクト・ラインのうち、「最新のテクノロジーを投入、高い光学性能とコンパクトネスの両立で、幅広い撮影シーンに対応するハイパフォーマンス・ライン」である「Contemporary」に属するレンズです。
他の2つの「Art」、「Sports」に比較すると、安価でコンパクトなプロダクト・ラインで、徹底的に光学的な(レンズだけで完結する)補正にこだわる「Art」とは異なり、コンパクトさを実現するために電子的な補正も活用している(結果として懐にやさしくなる)レンズです。
そして、「DC」はセンサーサイズがAPS-C用、「DN」はミラーレス用と分類されていますが、「DC」にはマイクロフォーサーズ(以前はフォーサーズ)も含まれています。
私のようなOLYMPUS使いにとっては、「DC DN」が検討対象のレンズとなるわけです。

「DC」は、センサーサイズがAPS-C用と定義されている通り、焦点距離はAPS-Cの35mm換算で1.5倍想定の画角となる焦点距離で企画していることから、マイクロフォーサーズの35mm換算2倍で使用すると、ちょっと長いなー、ということが多いです。
最近発売されている「DC DN」の3本のレンズも16mm、30mm、56mmであり、APS-Cでは35mm換算で24mm、45mm、84mmと広角・標準・準望遠にばっちりはまるところ、マイクロフォーサーズでは32mm、60mm、112mmと微妙に中途半端な感じが否めないのです。
このDN 56mmも、35mm換算で112mmだったので、OLYMPUS STYLUS XZ-2の望遠端と同じだなぁー、くらいの印象でした。

しかし、ある方のツイートとそれに対するSIGMA社長の山木さんのツイートを見てグッと引き寄せられ、昨年のフォトキナからつながるキャンペーンに背中を押されての導入となりました。

デジクマさんのツイートから引用:
はっ、今更気づいた。SIGMA 56mm f1.4 DC/DN は m4/3 に装着すると 112mm f1.4相当。これはマイクロ・ボケマスター 爆誕の予感しか無い!

これに対するSIGMA社長 山木さんのツイートから引用:
チョイ・ボケマスター!

これにグッと引き寄せられるためには、「チョイ」のない「ボケマスター」の存在を知っている必要があります。
「ボケマスター」とは、フルサイズ用Art F1.4シリーズの105mm F1.4 DG HSMのことで、売り文句が 「解像力とボケ味にこだわり抜いたフルサイズ用Art F1.4シリーズ最長焦点距離の「BOKEH-MASTER」、登場」でした。
ご存知の方も多いかと思いますが、「BOKEH」は日本語では「ボケ」のことで、日本人独特の感性から発しているせいか、また海外ではこれに相当する写真用語がないためか、「BOKEH」がそのまま用語となっています。

フルサイズ焦点距離105mmでF1.4のArtシリーズ、質量1,645gというガラスの塊でボケ味にこだわった一品の「チョイ」版であれば、かなりいい写りをするのでは!と一気にボルテージはあがったのでした。(しかも「チョイ・ボケマスター」は質量280gの軽量)
そして、昨年のフォトキナ会場での山木社長のツイート、「DC DN」16mm、30mm、56mmの3本が入るレンズケースって需要があるか、との問いかけと、発売日決定のお知らせと同時に発表されたレンズケースプレゼントキャンペーンにあてられて、ポチッと予約した次第です。

発売日に関しては、山木社長のフライングツイートと、それをたしなめるSIGMA広報からのまだ決まってませんツイートのやり取りも微笑ましかったです ^^

既に2枚ほど(こっそりと)先行して掲載しておりますが、マイクロフォーサーズでも56mm F1.4だったらこれくらいボケてくれる写真の1枚。
ボケ味も「チョイ・ボケマスター」だけあって、気に入ってます。
d0087407_00433516.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II, SIGMA 56mm F1.4 DC DN | Contemporary, 56mm(35mm換算 112mm), F1.4, 1/4000秒, ISO200, SILKYPIX Developer Studio Pro 9

by ohkujiraT | 2019-01-14 01:14 | 機材関連 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 機材整理 その70:SIGMA... 機材整理 その68:YASHI... >>