機材整理 その53:LOMO’INSTANT SQUARE Part4 ~桜林~
しばらくぶりになりますが、LOMO’INSTANT SQUAREの4回目です。
桜の撮影の際、一緒に持っていきました。

この時のメイン機材は OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4 IS PROだったこともあり、同じフォルダーで画像を眺めると、かなりユルい写りにみえます(笑)

公園の一角で何本かが固まって重厚な花群を見せていた桜林の先の方。
左下の枯れ枝はファインダーでは外してつもりだったのですが、上への振り方が少し足りませんでした。
d0087407_10493516.jpg
Lomography LOMO’INSTANT SQUARE, instax SQUARE, EPSON EP-967A3 (スキャン), FastStone Image Viewer 6.4 (リサイズ)




上の桜林を正面から。
d0087407_10493211.jpg
Lomography LOMO’INSTANT SQUARE, instax SQUARE, EPSON EP-967A3 (スキャン), FastStone Image Viewer 6.4 (リサイズ)

毎年「野趣あふれる」様子が見られる桜林に移動して撮影。
d0087407_10492910.jpg
Lomography LOMO’INSTANT SQUARE, instax SQUARE, EPSON EP-967A3 (スキャン), FastStone Image Viewer 6.4 (リサイズ)

桜林の中に入って撮影。
d0087407_10492530.jpg
Lomography LOMO'INSTANT SQUARE, instax SQUARE, EPSON EP-967A3 (スキャン), FastStone Image Viewer 6.4 (リサイズ)

忘れちゃいけない直幹(笑)
d0087407_10492042.jpg
Lomography LOMO'INSTANT SQUARE, instax SQUARE, EPSON EP-967A3 (スキャン), FastStone Image Viewer 6.4 (リサイズ)

本気モードで撮影に入った時は一緒に持っていてもメイン機材での撮影を優先してしまいます。
(今回はこの記事を書きたかったのと、近所の撮影で時間的な余裕もあったので ^^;)
使ってみて感じるのは、このカメラが最大の威力を発揮する場面は、人物(あるいはその人物が撮ってほしい被写体)を撮影し、その場で差し上げる、ですね。
たいていの場合、画像が浮き出てくるのをワクワクしながら眺めておられるので、こちらも嬉しくなります。
Face to Faceの醍醐味はネットでは代えがたいものがあるので、存在価値は小さくはないと思ってます。

[PR]
by ohkujiraT | 2018-04-09 04:09 | 機材関連 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 冬のイルミネーション その1 ... いまどきの桜 >>