大宇陀の春 2012 その9:件(くだん)さんへの道すがら
前回掲載から1ヶ月以上たち、季節も春どころか紅葉の季節へと突入しつつありますが、気にせず掲載していきます ^_^
大宇陀の春の9回目は、又兵衛桜を撮り終えて、Miytatannaotanさんの写真展「まっちゃま歳時記」の会場である「件(くだん)」さんへの道すがら撮影した写真を掲載します。

プレハブの建物に植物がまとわりつき、淡い花(つつじ?)が咲いていて、何なら不思議な雰囲気を醸し出していました。
d0087407_8333664.jpg

OLYMPUS E-5, ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD, 26mm(35mm換算 52mm), F6.3, 1/250秒, ISO200, SILKYPIX Developer Studio Pro 5



芝桜も満開でした。
d0087407_8334389.jpg

OLYMPUS E-5, ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD, 60mm(35mm換算 120mm), F7.1, 1/400秒, ISO200, SILKYPIX Developer Studio Pro 5

国道を渡り、松山地区に入ってすぐのところにあった「バーバーツザキ」さんの看板。
周辺とはちょっと異質なこの輝きに惹かれました。
d0087407_834834.jpg

OLYMPUS E-5, ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD, 48mm(35mm換算 96mm), F6.3, 1/250秒, ISO200, SILKYPIX Developer Studio Pro 5

本郷川が注ぎこむ宇陀川に架かる御殿橋。
d0087407_834816.jpg

OLYMPUS E-5, ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD, 14mm(35mm換算 28mm), F7.1, 1/500秒, ISO200, SILKYPIX Developer Studio Pro 5

そして宇陀川。
ちなみに、宇陀川は室生ダムを経て名張川となって概ね北東に流れ、木津川に合流する手前あたりから北西に、そして、淀で宇治川、桂川と合流して淀川となり、南西方向に大阪湾へと向かいます。
大宇陀のすぐ北の長谷寺あたりは西へ流れる大和川水系なのに、ぐるっと大回りしてます。
木津川は伊賀上野方面、宇治川は琵琶湖から流れてくることを考えると、淀川水系の流域面積はすごく広いですね。
d0087407_8343848.jpg

OLYMPUS E-5, ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD, 21mm(35mm換算 42mm), F7.1, 1/400秒, ISO200, SILKYPIX Developer Studio Pro 5

大宇陀の春 2012 INDEX
その1:又兵衛桜への道(2012年7月30日掲載)
その2:地蔵桜(2012年8月4日掲載)
その3:又兵衛桜の近くで(2012年8月15日掲載)
その4:遠目から(2012年8月21日掲載)
その5:又兵衛桜の下から(2012年8月29日掲載)
その6:又兵衛桜の上から(2012年9月4日掲載)
その7:又兵衛桜を撮る人たち(2012年9月11日掲載)
その8:さくらはし(2012年9月22日掲載)
その9:件(くだん)さんへの道すがら(2012年11月4日掲載)
その10:松山地区の街並み(2012年11月18日掲載)
[PR]
by ohkujiraT | 2012-11-04 23:45 | 奈良 | Comments(4)
Commented by kame3z at 2012-11-05 00:24
なにか不思議な雰囲気を醸し出していますね !
私が学生時代に住んでいたアパートを思い出しましたよ !!
Commented at 2012-11-05 07:09
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ohkujiraT at 2012-11-05 18:56
フォトンさん、こんばんは。
この建物は不思議な雰囲気を醸し出してました。
学生アパート、懐かしいです。
下宿していた先輩や同期の古いアパートで夜通し飲んだことを思い出しました。
Commented by ohkujiraT at 2012-11-05 19:00
鍵コメ at 2012-11-05 07:09 さん、ご連絡ありがとうございます。
先に記事を拝見してびっくりしてました。
先週末にその近所を通りかかっていたのですが…
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 陶器大宮御祭禮(だんじり祭) ... 陶器大宮御祭禮(だんじり祭) ... >>