人気ブログランキング |
宮古島 2009 その14:庭園の植物たち
本来であれば、前々回掲載の翌日(2/16)には掲載する予定で準備していたのですが、1ヶ月以上遅れることになるとは私自身予想外でした。
今回は宿泊した宮古島東急リゾートの敷地内に広がる庭園の植物です。

巨大な壁のようにも見えますが…
d0087407_23274215.jpg

Panasonic LUMIX DMC-GH1, LUMIX G VARIO HD 14-140mm F4.0-5.8 ASPH. MEGA O.I.S., 91mm(35mm換算 182mm), F5.8, 1/125秒, ISO160, SILKYPIX Developer Studio Pro





巨大な葉が規則正しく広がっていたのでした。
d0087407_23275557.jpg

Panasonic LUMIX DMC-GH1, LUMIX G VARIO HD 14-140mm F4.0-5.8 ASPH. MEGA O.I.S., 25mm(35mm換算 50mm), F5.6, 1/160秒, ISO00, SILKYPIX Developer Studio Pro

この姿、「飛べ、極楽鳥花」といったところでしょうか。
d0087407_23281011.jpg

OLYMPUS E-3, ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD, 200mm(35mm換算 400mm), F4.0, 1/400秒, ISO100, SILKYPIX Developer Studio Pro

宮古島 2008」掲載時にホテルの方に教えていただいた「月桃」。
d0087407_23282193.jpg

OLYMPUS E-3, ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD, 137mm(35mm換算 274mm), F4.5, 1/500秒, ISO100, SILKYPIX Developer Studio Pro

フウリンブッソウゲも健在でした。
d0087407_2328365.jpg

OLYMPUS E-3, ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD, 200mm(35mm換算 400mm), F4.0, 1/100秒, ISO100, SILKYPIX Developer Studio Pro

見上げるとたくさん咲いていました。
d0087407_23285157.jpg

OLYMPUS PEN E-P1, M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8, 17mm(35mm換算 34mm), F6.3, 1/320秒, ISO200, SILKYPIX Developer Studio Pro

宮古島 2009 INDEX
その1:翼よあれが慶良間の海だ(2009年9月27日掲載)
その2:沖縄へのフライト(2009年10月27日掲載)
その3:那覇空港にて(2009年11月9日掲載)
その4:南国の植栽(2009年12月18日掲載)
その5:塩屋(2009年12月19日掲載)
その6:お土産物屋さんの店先(2009年12月20日掲載)
その7:夕暮れの商店街(2009年12月21日掲載)
その8:塩屋の店内(2009年12月22日掲載)
番外編:来間島の夏空(2010年8月28日掲載)
その9:長間浜の海岸線(2010年9月22日掲載)
その10:長間浜の貝殻(2010年9月23日掲載)
その11:竜宮展望台(2010年9月26日掲載)
その12:海峡の風景(2010年9月27日掲載)
その13:朝のプール(2011年2月15日掲載)
その14:庭園の植物たち(2011年3月22日掲載)

宮古島 2008
by ohkujiraT | 2011-03-22 23:45 | 沖縄 | Comments(8)
Commented by miyatannaotan at 2011-03-23 17:55
どれも植物の造形美が感じられて美しいですね。
月桃と言うの初めて拝見しました。とても
興味深いですね。名前の由来など調べてみても
面白そうです(^-^)
Commented by ohkujiraT at 2011-03-24 19:13
miyatannaotanさん、こんばんは。
庭園を散歩しながらも大阪ではあまり見る事のない植物を撮影するのも楽しかったです。
月桃の名前の由来をちょこっと調べてみましたが、よくわからないですね。
沖縄では普通に庭先に植えられていて、春に花を咲かせるようです(なので夏に撮ると実になるわけです)。
殺菌作用のある葉っぱはムーチー(お餅)を包むのによく使用されているようです。実の方は精油を石鹸に使用する場合もあるみたいです。
Commented by mokonotabibito at 2011-03-24 20:02
横からすいません、「月桃」に詳しいおっさんです(笑)
名前の由来は、多分、三日月状で桃色の花が咲くからだと思います。それがお写真の実になるのですね。
いわゆるハナミョウガに近い植物で、ムーチーを包んだり化粧水にもなりますね。

『月桃の花』という映画や歌にもなっています。
  月桃ゆれて 花咲けば
  夏のたよりは 南風
  緑は萌える うりずんの
  ふるさとの夏
あと、奄美では、サネン花といい、三沢あけみ『島のブルース』でも歌われています。
  奄美なちかしゃ ソテツのかげで
  泣けば揺れます サネン花よ
  ながい黒髪 島むすめ 島むすめよ
余談でした(汗)
Commented by ohkujiraT at 2011-03-24 20:49
mokonotabibitoさん、解説ありがとうございます。
なるほど、そういうことですか。
花の咲く時期に行くと、ヒントに出会えるわけですね。
歌詞からすると、初夏の風物詩としてお馴染みの花なんですね(^_^)
2回掲載して、その度に理解が深まるのは楽しいです。
Commented by kujirax1 at 2011-03-24 22:49
暖かい地域はこういったはっきりと色が出るのが特徴ですかね。寒の戻りを感じている今日この頃、このあたたかさがなんとも羨ましく感じますね。
Commented by ohkujiraT at 2011-03-27 11:46
kujirax1さん、こんにちは。
亜熱帯、熱帯地方となると原色系のハッキリした色合いが多いですね。ジャングルの中で目立つための知恵でしょうか。
それにしても、三寒四温で暖かくなったり寒くなったりですね。
被災地の方のことを考えると、暖かな日がつづいて欲しいです。
花粉の飛散が増えますが、やむなしですね。
Commented by たぁぼう at 2011-03-27 21:08 x
気分転換にはこんな鮮やかな花はいいものです。
1枚目はなんだかイラストみたいに感じる(笑)。
南国の花見てると、ほんとお出かけ気分になりますね♪
Commented by ohkujiraT at 2011-03-27 23:53
たぁぼうさん、こんばんは。
植物を見ていると面白い幾何学模様に出会う時がありますね。
自然なものなのに不思議に感じます。
温帯地域で冬の季節ともなると、南国の非日常的なシチュエーションが恋しくなって行きたくなりますよ ^_^
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 宮古島 2009 その15:庭... 陽はまた昇る >>