人気ブログランキング |
檜尾山観心寺 その6:石のドラマチックトーン
紅葉の観心寺はドラマチックトーンで始まったので、最後もドラマチックトーンで締めます。

建掛塔(たてかけのとう)近くの大きな庭石に散った紅葉。
普通に撮るより紅葉がくっきりします。
d0087407_2371868.jpg

OLYMPUS E-5, ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD, 130mm(35mm換算 260mm), F3.3, 1/250秒, ISO1250, FastStone Image Viewer 4.2 (リサイズのみ)



その4その5を撮影したすぐそば(2mくらい)の石の階段に散らばる紅葉。
これのみ、RAWからOLYMPUS Viewer 2でドランチックトーンで現像してます。
d0087407_2382051.jpg

OLYMPUS E-5, ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD, 76mm(35mm換算 152mm), F8.0, 1/200秒, ISO500, OLYMPUS Viewer 2

石ではなく、庫の漆喰?の壁ですが、少し黒ずんだところがさらに黒く強調されて迫力が増しました。
d0087407_2382991.jpg

OLYMPUS E-5, ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD, 64mm(35mm換算 128mm), F10.0, 1/125秒, ISO250, FastStone Image Viewer 4.2 (リサイズのみ)

これまた石ではありませんが、最初の大楠公、楠木正成公の銅像にもどって。
さらば観心寺、また来年 ^_^
d0087407_238393.jpg

OLYMPUS E-5, ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD, 137mm(35mm換算 274mm), F3.4, 1/250秒, ISO200, FastStone Image Viewer 4.2 (リサイズのみ)

檜尾山観心寺 INDEX
その1:大楠公(2010年11月23日掲載)
その2:山門の風景(2010年11月28日掲載)
その3:金堂近くで(2010年12月5日掲載)
その4:落ちきれない落ち葉(2010年12月11日掲載)
その5:日が射した時(2010年12月12日掲載)
その6:石のドラマチックトーン(2010年12月14日掲載)
by ohkujiraT | 2010-12-14 23:26 | 紅葉 | Comments(14)
Commented by miyatannaotan at 2010-12-14 23:59
ラスト、格好イイですね~!! 本当にこのままどこかに行ってしまいそうで
今はもうここにいなかったりして・・・などと思ってしまいました(笑)
ラフモノクロ同様に粒子が粗いものとは相性ばっちりのフィルタですね。
Commented by hiro_clover at 2010-12-15 01:11
こんばんは。
最後のお写真もカッコ良いですが、個人的には2枚目のお写真も好きですね~。
石のデコボコした感じが強調されて、散らばる紅葉も引き立ちますね。(^_^)
ドラマチックトーンは暴れ馬な感じですが、
バシッと決まるとホント写真がカッコ良くなりますね。
Commented by mokonotabibito at 2010-12-15 18:33
お久しぶりです。
私は、やっと旅から帰ってきました。
今冬のヨーロッパは雪が多く、写真的には良かったですが、交通機関には苦労しました。
ブログに徐々に写真を載せていく予定ですので、また今後ともよろしくお願い申し上げます。
とりあえず、連絡まで。
Commented by ohkujirat at 2010-12-15 21:39
miyatannaotanさん、こんばんは。
ありがとうございます。
撮る角度によって見え方も変わってきますね。
大楠公も、夜な夜な、南河内の巡視に出かけているかもしれませんよ ^_^
ラフモノクロも好きなフィルターなので、その点からもドラマチックトーンが好みなのかも。
Commented by ohkujirat at 2010-12-15 21:42
Hiro Cloverさん、こんばんは。
ありがとうございます。
石の質感が際立って、それでいてモノトーンに近くなるので、水墨画に色のついた葉だけをちらしたように見えるところが好みです。
きれいなもの、可愛らしいものには使いづらいですが、そんな不自由さを凌駕する楽しさがありますね。
Commented by ohkujirat at 2010-12-15 21:47
mokonotabibitoさん、お帰りなさ〜い \(^o^)/
雪のヨーロッパ、これまた風情がありそうですね。
いいお写真が撮れたとのこと、楽しみにしてますよ。
交通機関が大変だった、ということは、体力的にも消耗しているでしょうから、ご自愛ください。
Commented by kujirax1 at 2010-12-15 23:04
石に座しているカエデは見事ですね。
土とかよりメリハリが付くのでしょうか、ハンサム?!にみえますね。そしてドラマチックトーンがはまりますねぇ。
Commented by ohkujirat at 2010-12-16 08:10
kujirax1さん、おはようございます。
石の背景の方がモノトーンに近づくので、色が映えるのかもしれないですね。
ドラマチックトーンではより黒く、あるいは、白く(どっちかというと黒く)なるので、よりはっきりするんでしょうね〜
水墨画でも見たことがあるので、いい表現方法かもしれないですね。
Commented by きょんち at 2010-12-18 01:55 x
このドラマチックトーンは本当にすごいですね!
自分では現像できないですよ~
特に石や壁の表現がすごいです。
欲しい~けど、もうこれ以上買えん~!!(>_<)
Commented by たぁぼう at 2010-12-18 13:41 x
何度見てもすごいと感じます。
グレイがこれほどのポテンシャルを持っているとは・・・。
そう思ってもそれを引き出すようにシャッターを切るってことが必要だもの。
ほんとどれもナイスショットです♪
Commented by nama3_kitano at 2010-12-18 21:03
 こんばんは。
1枚目、2枚目を見て感じたことですが、ドラマチックトーンを
こういうモチーフで使われたのは、初めて見たような気がしま
す。無機質な岩やコンクリートと紅葉したモミジの落ち葉の艶
やかさが好対照で面白いです。こういう使い方もあったのです
ね。新発見でした。
Commented by ohkujiraT at 2010-12-19 22:42
きょんちさん、こんばんは。
ただの曇り空が、嵐の空になったりするので、ハマりますよ ^_^
これを現像で出すのは難しいし面倒なので、気軽に使えるのはありがたいです。
これがエントリーモデルに降りてくるともっと手軽になりそうですが、画像エンジンへの負荷しだいでしょうか(E-5はデュアル画像エンジンなので)。
Commented by ohkujiraT at 2010-12-19 22:51
たぁぼうさん、こんばんは。
ありがとうございます。
わずかな明暗差を劇的(まさにドラマチックですね)に仕上げてくれるので、ちょっと気になるところはつい撮影してしまいます。
良かったり、平凡だったり、いろいろですが、たまにハマればOKですね ^_^
Commented by ohkujiraT at 2010-12-19 23:03
Nama3さん、こんばんは。
いえいえどういたしまして。
E-5が出るかでないか頃に石畳をドラマチックトーンで撮影した作例を拝見して、石が背景の時を狙ってました。
グレーと色つきのもの一緒になると色つきのものが目立つような気がします。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 100万人のキャンドルナイト@... 檜尾山観心寺 その5:日が射した時 >>