人気ブログランキング |
陶器大宮御祭禮(だんじり祭) 2010 その1:持ち上げる
今日は、昼前から夕暮れ時まで「陶器大宮御祭禮」、すなわち、だんじり祭に撮影に出かけていたので、グロッキー気味です。
今日は天候はよかったものの、昨日は終日雨、時折り雨脚が強くなる空模様でした。そんな中、だんじりを動かしていた皆さんの疲れ方はケタ違いでしょうから、疲れた疲れたとも言ってられません。

画像ファイルは量も多く、セレクトはこれからなので、1枚だけ掲載します。
だんじりを前方に傾けているところを後ろから。力が入ります。
ライブビューで地面レベルから撮影しています。
d0087407_2223968.jpg

Panasonic LUMIX DMC-GH1, LUMIX G VARIO HD 14-140mm F4.0-5.8 ASPH. MEGA O.I.S., 22mm(35mm換算 44mm), F7.1, 1/250秒, ISO100, SILKYPIX Developer Studio Pro

高蔵寺、辻之、田園、松風台、深阪の皆さん、お疲れさまでした。また、ありがとうございました。

ついでに撮影機材周りの備忘録も主に自分のために掲載しておきます。明日になったら忘れるし、どこかのフォルダのテキストファイルに書いてもファイルの格納場所を忘れるので(笑)



今回の撮影機材は…

▼E-3 + ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD(以下「ZD50-200」
▼LUMIX DMC-GH1(以下「GH1」) +LUMIX G VARIO HD 14-140mm F4.0-5.8 ASPH. MEGA O.I.S.(以下「G14-140」)

の2台体制でした(昨年と同じ)。E-3に望遠側をGH1に広角から標準を担当させたかっこうになります。
昨年からの課題の多くがE-5が来ることによって解決するじゃないかもしれないので、それを踏まえて。

■今年までの課題

▼ZD50-200とG14-140でズームリングを回す方向が逆で、とっさの時にどちらかで戸惑う(直近に使っている方になじんでいることが多い)
▼GH1はファインダーがEVFで、E-3などデジタル一眼「レフ」が搭載するOVFに比べるとタイムラグがあるので、動きが速い時にはAFスタートが遅れる原因となる(両目をあけて、片目で状況を確認すればいいのですが)
▼GH1のAFはE-3に比較して遅いので、上記EVFのタイムラグとあわせて、「あ、いっちゃった」という場合がある(動きが緩やかな場合の精度はいいです。E-3+SWDレンズのAF速度と比べるのはちょっと酷ですね。)
▼上記を解決するためにE-3 1台でZD50-200とZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5を併用するのはレンズ交換している暇がないのげ現実的でない
▼フォーサーズ機には動画機能がないので、動画を撮りたい時にはGH1が必須(あまり撮らないですが)
▼アートフィルターを使いたくても、E-P1だとGH1よりさらに動きがあるものは苦手(こっちは多用したい)
▼ストラップがファインダーにかかってうっとおしい(特にとっさの時に発生??)

といった課題がありました。(上の写真がGH1でありながら、なんですが ^_^;)

そこにE-5がくると、動画・アートフィルターの部分がカバーされるのと、E-3と併用することで、(ZDレンズを使う限り)ズームリングを回す方向は同じで、2台ともAFが早くなるので、併用で生じる重量面以外はクリアされることになります。
今年はE-5を見た後だったので、使いたかったです。

■結論

今のところの来年の機材周りは下記でいいかと思ってます。
来年の話なので費用面はほとんど考慮していません ^^;

▼E-5 + ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD(以下「ZD12-60」
▼E-3 + ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD

の2台体制です。ZD12-60なのは、AFが早いこともありますが、より広角で撮りたい時にレンズ交換が不要になるから、という意味合いです。上の写真のようにライブビューであおって撮影することを考えると、ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5 Ⅱの方がハイスピードイメージャAFが使えるのでいいかもしれないですね。

重さを軽減するのと速写性(ストラップがファインダにかからないこと含め)、走り回る機動性に対応するため、ストラップは…

▼ブラックラピッド Rストラップ DR-1

上記ストラップでカメラは常時ストラップにぶら下げたままという前提でバッグは…

▼あまり大きくないウェストバッグ

リュックはたくさん荷物が入るのはいいのですが、狭い場所では他の方の邪魔になるので、メモリーやバッテリーの類を入れるウェストバッグでより軽快に。

といったところでしょうか。

来年が楽しみです ^_^

陶器大宮御祭禮(だんじり祭) 2010 INDEX
その1:持ち上げる(2010年10月10日掲載)
その2:高倉寺交差点(2010年10月16日掲載)
その3:だんじり渋滞(2010年10月23日掲載)
その4:下り坂(2010年10月24日掲載)
その5:上り坂(2010年10月25日掲載)
その6:辻之へ(2010年10月28日掲載)
その7:辻之にて(2010年11月8日掲載)
その8:休憩(2010年11月12日掲載)
その9:出発(2010年11月14日掲載)
その10:松風台への道(2010年11月16日掲載)
その11:松風台にて <高蔵寺地区のだんじり>(2010年12月25日掲載)
その12:松風台にて <田園地区のだんじり>(2010年12月26日掲載)
その13:松風台にて <辻之地区のだんじり>(2010年12月28日掲載)
その14:田園交差点(2010年12月29日掲載)
その15:細い下り坂(2010年12月30日掲載)
その16:高架からのダッシュ(2010年12月31日掲載)
その17:長い坂(2011年5月28日掲載)
その18:宮山台4丁交差点(2011年5月29日掲載)
その19:高蔵寺地区の回転(2011年5月31日掲載)
その20:辻之地区の回転(2011年6月1日掲載)
その21:誓い(2011年8月12日掲載)
その22:帰投(2011年8月17日掲載)
その23:回旋(2011年8月18日掲載)
その24:夜行準備(2011年8月19日掲載)
その25:待機(2011年8月20日掲載)
その26:感謝と次回に向けて(2011年8月20日掲載)
14402291
陶器大宮御祭禮:2006 2007 2008 2009 2010
by ohkujiraT | 2010-10-10 23:59 | だんじり祭 | Comments(14)
Commented by miyatannaotan at 2010-10-11 06:27
恒例のだんじり撮影、いつも楽しみにしています。毎年違った目線で撮られているので
色んな角度から楽しませて頂いております。だんじり撮影は、もうお手の物ですね^^
僕も毎年同じテーマで撮れる何かを見つけたくなりました。
Commented by cattle at 2010-10-11 08:18 x
おはようございます.

迫力の写真ですね〜
もう慣れていらっしゃるんでしょうが,踏まれそうで怖くもあります.
そういう経験ありません? (^_^;
Commented by たぁぼう at 2010-10-11 23:48 x
恒例のだんじり、今年も高蔵寺ですね!
確か役割によって衣装(ユニフォーム?)が違った、とかでしたよね。
こういう撮りからが出来るのは「その機能」を持つカメラの特権ですから^^

オレも手帳やらテキストやらにちょこっと書きますが、いつの間にやら行方不明(爆)。
バックアップも探し出すのに一苦労だったり。
ちゃんとやらねば^^;
Commented by mokonotabibito at 2010-10-12 08:08
だんじりとふとん太鼓は、南大阪の秋祭りの主役ですね。
こちらでいつも楽しませていただいております。
迫力がありますねえ!

私は、今年もふとん太鼓を撮る予定にしていたのですが、残念ながら当日に用事があり行けませんでした。
Commented by ohkujiraT at 2010-10-12 18:01
miyatannaotanさん、こんばんは。
楽しんでいただき、ありがとうございます。
気がつけば5回目で、このブログと歩んできたシリーズになりました。
いやぁ、まだまだですよ。1番の盛り上がりのところでは、どう撮ったらいいかオタオタしてました^_^;  
来年の課題ですね。
Commented by ohkujiraT at 2010-10-12 18:01
cattleさん、こんばんは。
ありがとうございます。
もう一歩踏み込みたかったのですが、邪魔になりそうだったのでやめときました(持ち上げたあとはこちらに向かっておりてくるので ^_^)。
ただの観客なので、迷惑をおかけしないよう、見物の地元の方と同じくらい距離をとっているはずです ^_^?
見物の地元の方はよけてくれてるのかも。
Commented by ohkujiraT at 2010-10-12 18:02
たぁぼうさん、こんばんは。
今年は高蔵寺地区を中心に、辻之地区と田園地区のだんじりを撮らせていただきました。
地域ごとにも違うかもしれませんが、役割によって着ているものが違いますね。
来年の機材構想で唯一の懸念が、今回の写真のようなライブビュー撮影です。
この部分はミラーレスの方が早そうで…
Commented by ohkujiraT at 2010-10-12 18:10
mokonotabibitoさん、こんばんは。
楽しんでいただき、ありがとうございます。
ふとん太鼓は撮りに行ってみたいですね。違った迫力がありそうです。
ご用事で行けなかったのは残念ですね。私も拝見できなくて残念です。
お祭りを撮るのは楽しいですね^_^
Commented by hiro_clover at 2010-10-12 20:12
こんばんは。
だんじり祭ですか!
ローアングルで祭の臨場感がびしびし伝わってきますね。
自分も来年チャレンジしたいです!(^_^)
Commented by ohkujiraT at 2010-10-13 07:36
Hiro Cloverさん、おはようございます。
撮影する高さを変えると、ガラッと絵が変わる典型例ですね ^_^
南大阪一帯では地域ごとに開催しているので、それぞれ特色があるので、楽しめると思いますよ。
Commented by nama3_kitano at 2010-10-13 21:36
 こんばんは。
超ローアングル撮影が楽に出来るのは、素晴らしい事ですね。
私も時々やります。この祭り、この御輿をみんなで走らせるあの
祭りですよね。これからアップされる写真、非常に楽しみです。
Commented by yozora_nagameyou at 2010-10-13 22:39
こんばんは。
>ストラップがファインダーにかかってうっとおしい(特にとっさの時に発生??)
これ、私もとっさの撮影で被写体を逃すことがあります。
私の言い訳でもありますが。(^_^ゞ

リフレッシュしてきましたが、その前に風邪をひいてしまい
中々治らずに今日は家でおとなしくしています。(笑)
Commented by ohkujiraT at 2010-10-14 20:18
nama3さん、こんばんは。
視点が違うと撮れる画がガラッと変わるので面白いですね。
はい、屋根があり、中に太鼓や鉦をうったり、笛を吹いたりするスペースがあるので、最小限の神社を牽いているようなものですね。
担ぐお神輿も原型は同じで、適した形に進化したのかも。
これからセレクトして掲載して行きますね。
Commented by ohkujiraT at 2010-10-14 20:25
夜空さん、こんばんは。
いつもは気にならないストラップが、こんな時には気になりますね。
ブラックラピッド Rストラップ DR-1を入れる言い訳でもあります ^_^
私の周りでも風邪をひいたり鼻をグズグズいわせている人がふえています。
体調を崩しやすい時期が続きますが、 ご自愛ください。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 陶器大宮御祭禮(だんじり祭) ... フォトパス感謝祭(大阪会場)に... >>