人気ブログランキング |
飛騨・加賀の旅 その18(最終回):山中温泉 気になる建造物
その17で食べ歩いた山中温泉のメインストリート。ちょっと気になった建造物がありました。

泊まった宿に設置されていた火の見櫓。火災を知らせる半鐘もしっかり装備です。
d0087407_238146.jpg
OLYMPUS E-3, ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5, 54mm(35mm換算 108mm), F5.0, 1/250秒, ISO100, SILKYPIX Developer Studio Pro



その17でお団子屋さんが登場しましたが、店舗数軒が固まった小さなショッピングセンターのような場所でした。その入口には洋風の鐘が据えられていました。
d0087407_2382515.jpg
OLYMPUS E-3, ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5, 28mm(35mm換算 56mm), F4.0, 1/125秒, ISO100, SILKYPIX Developer Studio Pro

山中温泉には、陶器を扱っているお店がいくつかありました。そのうちのひとつ、いずも堂さんの鬼瓦は陶器でした。目を引くし、わかりやすいですね。
d0087407_2383512.jpg
OLYMPUS E-3, ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5, 32mm(35mm換算 64mm), F5.0, 1/200秒, ISO100, SILKYPIX Developer Studio Pro

ゴールデンウィークに出かけた飛騨・加賀の旅も今回で最終回となりました。
今頃は鶴仙渓も紅葉に包まれているでしょうね~。撮りに行きたかったなぁ。食べてないものもあるしなぁ…

飛騨・加賀の旅 INDEX
その1:旅から帰ってきました(2009年5月2日掲載)
その2:ひるがの高原SAにて(2009年5月4日掲載)
その3:高山、食べ歩きの街(+地酒試飲も ^_^)(2009年5月5日掲載)
その4:宮川沿いの風景(2009年5月6日掲載)
その5:土蔵の店(2009年5月7日掲載)
その6:看板(2009年5月8日掲載)
その7:二人静 白雲(2009年5月9日掲載)
その8:さるぼぼ(2009年5月10日掲載)
その9:高山雑風景(2009年5月13日掲載)
その10:根上松(2009年6月4日掲載)
その11:山崎山の礎(2009年6月27日掲載)
その12:山崎山を降る(2009年7月23日掲載)
その13:カキツバタ未だ咲かず(2009年8月11日掲載)
その14:山中温泉 鶴仙渓 こおろぎ橋(2009年8月27日掲載)
その15:山中温泉 鶴仙渓 あやとりはし(2009年9月12日掲載)
その16:山中温泉 鶴仙渓 黒谷橋(2009年10月21日掲載)
その17:山中温泉 温泉街食べ歩き(2009年11月3日掲載)
その18:山中温泉 気になる建造物(2009年11月17日掲載)
by ohkujiraT | 2009-11-17 23:20 | 石川 | Comments(12)
Commented by miyatannaotan at 2009-11-17 23:47
がっしりした火の見櫓ですね~。鬼瓦は確かに気になります^^
何を表してるのでしょうねぇ? いろいろ目の付け所があって
町歩きが楽しそうな場所ですね。のんびり行ってみたいなあ。
Commented by j_capacity at 2009-11-18 09:46
2枚目の鐘、トーンがきれいですね!
Commented by ohkujiraT at 2009-11-18 20:21
miyatannaotanさん、こんばんは。
なんで旅館に火の見櫓??とも思ったのですが、直線のメインストリートの端にあり、この先は分岐や坂道になるからかな、と勝手に理解してます。
鬼瓦はじめ、見所、食べ処がありますので、ごゆっくりどうぞ(^_^)
Commented by ohkujiraT at 2009-11-18 20:26
純之介さん、こんばんは。
なして洋風の鐘??と思わないでもなかったですが、良い質感でもあり、絵になってくれました。
Commented by mokonotabibito at 2009-11-18 20:38
屋根ものシリーズですね(笑)
この火の見櫓、今でも十分に現役で使えそうです。
なかなか散策するのが楽しそうだなあ・・・
いい写真をありがとうございました。
Commented by たぁぼう at 2009-11-18 21:47 x
お寺に行けば時を告げる和風の鐘があるんでしょうね。
どれも新しいか手入れが行き届いてる風で結構きれいに見えます。
で、あの鐘を鳴らすのは、どなた?(笑)
Commented by kujirax1 at 2009-11-18 23:24
火の見やぐらとは懐かしいです。
実家から200mもいけばあるのですが、使われることは無いですね。ここまで手入れされてませんし(汗)。できれば後世に残って欲しいですね。
Commented by steven99 at 2009-11-19 03:32
ohkujiraTさん、こんにちは!柴犬です!
趣の有る建物ですね!1.2枚目の質感、3枚目の構図など、
大変勉強になります。
E-3振り回して、捻挫状態に成らない様に、注意して下さいね。

心身共に衰弱しておりますが、頑張ってエントリーしましたので、宜しかったら、覗いて下さいね!
Commented by ohkujiraT at 2009-11-19 21:36
mokonotabibitoさん、こんばんは。
そうですね。屋根ものがかたまりましたね(^_^)
火の見櫓は比較的新しかったので現役だと思われます。
距離もそこそこ、歩道は広く、食べ歩きもでき、いいところですよ。
Commented by ohkujiraT at 2009-11-19 21:44
たぁぼうさん、こんばんは。
少し入ったところにお寺もあったのですが、未確認でした(^_^)
そういえばたしかに町並みもこぎれいでした。温泉街の人たちも気を配っているんですね。
火の見櫓は、どうも宿の2階から屋根を伝っていくようです。
Commented by ohkujiraT at 2009-11-19 21:56
kujirax1さん、こんばんは。
ご近所にもあるのですか。実働しないままでありますように^_^;
江戸火消しの名残でもあるので、残って欲しいですね~。
Commented by ohkujiraT at 2009-11-19 22:08
柴犬日和さん、こんばんは。
ZD14-54でスナップ程度あれば、E-3でもなんとか手首を捻挫せずに済みそうです。でも、それは今やE-P1の出番になったので、E-3はZD50-200で手首捻挫パターンにはまります…
無理せず気分のいいところで頑張ってくださいね~(^_^)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< バラ園のテーブルセット 陶器大宮御祭禮(だんじり祭) ... >>