<   2016年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧
E-M1 Mark II x M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4 IS PRO = だんじりスペシャル!?
先日のフォトパス感謝祭にて、発表前の噂から楽しみにしていたM.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4 IS PRO(以下「M.ZD 12-100」)を触ってきました。
マウントアダプターを装着したZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD(以下「ZD 12-60」)とサイズ的にあまり変わらないので、それほど取り回しも悪くないだろうと予想していましたが、実物を見るとM.ZD 12-100の方が若干小さいように感じられ、E-M1(初代)との組み合わせもしっくりきていました。
グリップの大きいE-M1 Mark IIであれば、より使いやすいのではないかと期待してます。

データを持って帰ってもよい、ということで、とりあえず1枚掲載します。
ボディはオリンパスプラザ大阪の展示機であるE-M1(初代)を使用しています。
d0087407_16482122.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1, M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4 IS PRO, 100mm(35mm換算 200mm), F4.0, 1/250秒, ISO250, FastStone Image Viewer 5.8 (リサイズのみ)

先のだんじり祭の記事にも記載した通り、だんじり祭の撮影では、焦点距離 100mm(35mm判換算 200mm)以下がほとんどなので、広角から望遠までこの1本で賄えるのは、とっさの時にカメラをとっかえひっかえしなくて良いメリットがあります。(Black Rapid DR-1で両脇にぶら下げているので、大騒ぎするほどではないですが、少しの差でシャッターチャンスを逃したり、残念な思いをすることもあったので)
また、従来はE-M1とE-5(あるいはE-620)の組み合わせのため、故障時のリスクを考慮してレンズをZUIKO DIGITALレンズで統一しており、広角側がZD 12-60、望遠側がZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWDと比較的重量級だったところ、極端にいえば、E-M1 Mark II(ん? ^^;)とM.ZD 12-100だけで済むことから重量も半分以下となり、年々衰え行く体力にも優しい、ということで(リスクヘッジは別に考えないといけないですが)。

また、だんじり祭 でいえば、多用する標準ズームがM.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO(以下「M.ZD12-40」)では望遠側が足りず、ZD 12-60を使っていた、という事情もあります。
仮にM.ZD 12-100が登場せず、E-M1初代とMark IIの2台体制になった場合でも、だんじり祭でのレンズ選びでは悩んだと思われます。
ZDにするかM.ZDにするか、M.ZDにする場合、E-M1 Mark IIにはMZD12-40とM.ZUIKO DIGITAL 40-150mm F2.8 PROのいずれを装着しておいた方がよいか、など、はたから見ればどうでもよい細かいことで悩んだことでしょう(笑)
それが、1本あればOK、という夢のようなレンズが出る、ということで噂の段階からかなり期待してました。

だんじり祭以外を考えても、1本だけで出かけたいときはZD12-60かLEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.(以下「VE14-150」 といったフォーサーズレンズを使うか、動画も撮るかもしれない時はMZD12-40mmだけで我慢するしかありませんでした。
もちろん、マイクロフォーサーズにも比較的安価な14-150mmクラスのレンズがオリンパス、タムロン、パナソニックから販売されていますが、VE14-150を持っていると、(軽量になりますが)わざわざ買う必要もないし、14mm始まりでは… という意識が働き、手を出せずにいました。

ちなみに、1本だけ持っていく時のレンズスペックを比較すると、まさにこの3本がほぼ同じ大きさ、重さでした。
スペック上はM.ZD12-100が長いように見えますが、マウントアダプターを装着すると10mm以上は長くなるので、マイクロフォーサーズのボディで使うにあたってはほぼ同じといってもよいでしょう。


M.ZD 12-100ZD 12-60VE 14-150
レンズ構成11群17枚10群14枚11群15枚
最短撮影距離0.15m(広角)、0.45m(望遠)0.25m0.5m
最大撮影倍率0.3倍(広角)、0.21倍(望遠)0.28倍
フィルター径72mm72mm72mm
サイズ (最大径 x 全長)77.5mm x 116.5mm79.5mm x 98.5mm78.5mm x 90.4mm
重さ561g575g535g

加えて、AFの改良や連写枚数の増加、5軸シンクロ手ぶれ補正最大6.5段分といったE-M1 Mark IIの性能が加われば、失敗写真が減りそうな予感です。
これに続くレンズとして、6-12mm F4 PROとか100-300mm F5 IS PRO(MC-14使用可)といったレンズが出てこないかと(笑)

以下は、フォトパス感謝祭で撮影した他の写真です。
遠景は室内であることからほとんど撮影できませんでしたが、寄っての写真はけっこう試してみました。
これだけ寄れれば普段使いには十分です。


3枚あります
[PR]
by ohkujiraT | 2016-10-23 10:23 | 機材関連 | Comments(2)
陶器大宮御祭禮(だんじり祭) 2016:ありがとうございました d(^o^)b
PCが壊れてからの久しぶりの更新となりました。
新しいPCもアプリ環境が整い、普通に使えるようになってます。
モバイル用で導入したことから、画面が13.3インチと従来の16.4インチに比べるとずいぶん小さくなり、現像作業などでは狭く感じますが、1kg少々と軽いので気軽に持ち歩けるのがよいです。
その割にはCPUはモバイル用PCに多いCORE mでなくCORE i7なので、多少は重たい処理にも耐えらるのは助かります。

さて、先週週末の 10/8-9、大阪南部 陶器地区の秋祭り「陶器大宮御祭禮」が行われました。
今年も2日間にわたり、高蔵寺地区の皆さんにお世話になりました。
いつもありがとうございます m(_ _)m

いつまでたっても平均睡眠時間3-4時間と時間に余裕がなく、シリーズものとして掲載するのは難しいため、ひとまず陶荒田神社への宮入りの1枚と機材関係をアップします。
時間ができればセレクトを進めてアップしたいですが、儚い望みではないかと(^^;)

陶荒田神社に宮入りした高蔵寺地区のだんじり
d0087407_22142246.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1, ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD, 12mm(35mm換算 24mm), F4.5, 1/400秒, ISO200, SILKYPIX Developer Studio Pro 7

今年の機材も昨年、一昨年と同じで、OLYMPUS OM-D E-M1(以下「E-M1」)+ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD(以下「ZD12-60」)をメインに、望遠用にはOLYMPUS E-5(以下「E-5」)+ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWDを使いました。
マイクロフォーサーズのレンズでなく、フォーサーズのレンズを使用したのは昨年と同じ理由で、E-M1とE-5の併用であれば、万が一の故障時に相互バックアップできるようにしたいこと、なんといっても多用する広角側のズームレンジがM.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PROではいかにも狭いことによります。
ところで先日、だんじり写真を眺めながら、どのあたりの焦点距離を使用しているか見てみたところ、遠目から撮っているものでも、おおむね100mm以下(35mm換算で200mm)がほとんどでした。
そうすると、先日のPhotokinaで発表されたM.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROがやってくるであろう来年には、1本で賄うことができるようになりそうです。
本日大阪のオリンパスプラザで開催されたフォトパス感謝祭に出かけた際に触ってきましたが、予想より小さく、E-M1に装着してのハンドリングもよかったので、これを使って撮影できるであろう来年が楽しみです。(会場で撮影したデータも持ち帰り可能だったので、別の記事でアップします。)

ただ、万が一の故障時のバックアップでボディ2台は必須なので、E-M1 Mark IIをメインにE-M1にはより広角側のレンズを装着してみてもいいかな、と考えてます。

ということで、E-5も今年で引退ということに…(涙)
久しぶりに使ったのですが、グリップの握りやすいいいカメラです。E-M1に慣れたいまとなっては重たいですが…
また、防湿庫が満タンになっているので、フォーサーズのレンズも整理していく必要がありそうです。
ただ、手持ちのマイクロフォーサーズレンズでカバーできない領域にあるレンズは使い続けることになりそうで、それ以外だと下取りに出してもそれほど値段がつかなさそうではありますが。

[PR]
by ohkujiraT | 2016-10-15 15:15 | だんじり祭 | Comments(4)