<   2016年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧
モノアイ
某所を散策中に見かけた、とある建物の一部です。

「あ、ギャンだ(モノアイレールが十字じゃないけど)」とばかりにそれらしく見えるように切り撮りしました。
丸い部材はピンクに光っているわけではないので、全体をモノクロにしてごまかしてます ^_^;
破壊されて擱座したモビルスーツ、とすれば、光ってなくてもいいかも ^_^

ちなみに、星形のモノアイレールを持つモビルスーツとしてはゾックがそれに近いのですが、私のイメージはギャンなのです(十字じゃないけど ^_^)

機材はお散歩用に活躍中のPanasonic LUMIX DMC-GM1にLUMIX G VARIO 12-32mm F3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S.,を装着して撮影してます。
また、モノクロはパナソニック版の「アートフィルター」であるクリエイティブコントロールのうちダイナミックモノクロームを使用してます。
クリエイティブコントロールにモノクロは4種あるのですが、ラフモノクロームと並んで好みです。
d0087407_17434063.jpg
Panasonic LUMIX DMC-GM1, LUMIX G VARIO 12-32mm F3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S., 18mm(35mm換算 36mm), F5.0, 1/160秒, ISO200, クリエイティブコントロール:ダイナミックモノクローム, FastStone Image Viewer 5.5(リサイズのみ)

今年はここ2-3年では考えられないペースで1月末まできました。
その秘密は正月休みの予約投稿でありました。
それ以降に作成できたのは、OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO 発表の記事くらいでして…
2月以降は… できたらアップします f(^_^)

[PR]
by ohkujiraT | 2016-01-28 01:28 | 街中 | Comments(0)
2015-17 機材整理 その10:Lomography Experimental Lens Kit Part4 ~Standard Lens 24mm F8~
Lomography Experimental Lens Kitの4回目、標準レンズである Standard Lens 24mm F8 で撮影した写真です。
最短撮影距離は60cmと寄れないので、スナップ用途がメインになるのかな、と思ってます…

トンネル内から出口方面をクリエイティブコントロールのダイナミックモノクロームで。
d0087407_16091773.jpg
Panasonic LUMIX DMC-GM1, Lomography Standard Lens 24mm F8, 24mm(35mm換算 48mm), F8.0, 1/80秒, ISO3200, クリエイティブコントロール:ダイナミックモノクローム , FastStone Image Viewer 5.5(リサイズのみ)


あと4枚あります
[PR]
by ohkujiraT | 2016-01-24 01:24 | 機材関連 | Comments(0)
2015-17 機材整理 その9:Lomography Experimental Lens Kit Part3 ~Wide-Angle Lens 12mm F8~
Lomography Experimental Lens Kitの3回目、今回は広角レンズである Wide-Angle Lens 12mm F8 で撮影した写真です。

最短撮影距離は20cmと比較的寄れるので、前回のFisheye Lens 160° F8ほどでないにしても寄ってみました。
ただ、このレンズと組み合わせるGM1の標準ズームである LUMIX G VARIO 12-32mm F3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S.も12㎜時の最短撮影距離が20cmなので、Lomography らしい描写を楽しむ以外のメリットは少ない、ともいえます(苦笑)

その6の2枚目、3枚目と同じ場所のウサギ
d0087407_14491543.jpg
Panasonic LUMIX DMC-GM1, Lomography Wide-Angle Lens 12mm F8, 12mm(35mm換算 24mm), F8.0, 1/125秒, ISO1000, FastStone Image Viewer 5.5(リサイズのみ)


あと4枚あります
[PR]
by ohkujiraT | 2016-01-20 01:20 | 機材関連 | Comments(0)
2015-17 機材整理 その8:Lomography Experimental Lens Kit Part2 ~Fisheye Lens 160° F8~
Lomography Experimental Lens Kitの続きで、各1回ずつ、それぞれのレンズで撮影した写真を掲載します。
今回はある意味ではインパクトのある Fisheye Lens 160° F8 です。
このレンズは焦点距離が特に記載されていないので不明なのですが、発売直後にテストされているシャンプーハットさんのブログによると、5-6mm程度(35mm判換算で10-12mm)ではないか、とのことです。(SAMYANG 7.5mm F3.5 Fish-eye Lens との比較で)
私の手持ちのレンズで一番の広角レンズとなりました。
また、最短撮影距離は5cmなので、どんどん近づいて撮るのが基本かな、と思ってます。

ありがちではありますが、どんどん寄るとなると、真っ先に思い浮かぶのはこういう被写体でして(苦笑)
d0087407_14212347.jpg
Panasonic LUMIX DMC-GM1, Lomography Fisheye Lens 160° F8, 焦点距離不明, F8.0, 1/125秒, ISO200, FastStone Image Viewer 5.5(リサイズのみ)


あと3枚あります。
[PR]
by ohkujiraT | 2016-01-16 01:16 | 機材関連 | Comments(4)
2015-17 機材整理 その7:Lomography Experimental Lens Kit Part1
2015-16 機材整理 その6では「2015年に導入したマイクロフォーサーズの暗い単焦点レンズがまだあるのです(フフフ)」と意味深な文面で終えていました。
単焦点といえば明るいレンズばかりなのに、ボディキャップレンズ以外に暗いレンズって??? と思われるむきもあるかもしれませんが、そこで登場するのがこのLomography Experimental Lens Kit。

あのトイカメラで有名なLomographyが出しているマイクロフォーサーズ用の単焦点レンズ 3本セットです。
2013年10月に発売されてから注目していたところ、2015年3月のセール時に入手した次第。
これで売り切って絶版になるかも、という危機感もあり導入に踏み切ったのですが、現時点でも販売してます(笑)

ただ、E-M1を持ち出す本気モードの際に使うようなこともなく、防湿庫に眠っていました。
ところが、ゆる〜く使うGM1だと、まっ、使ってみるか、と登場の機会も出てくるわけです。
(これを生かしたいがためにGM1を導入した、という説<いいわけ>も ^^;)

で、この 3本のレンズは以下の通り。

Fisheye Lens 160° F8
Wide-Angle Lens 12mm F8
Standard Lens 24mm F8

3本ともプラスチックレンズで、鏡胴とマウント面はともに軟質の樹脂製でレンズシャッターがついています。
このため、ボディ側でバルブにしておけば、Lomographyのメルマガやサイトでよく目にする多重露光写真が気軽に撮れます。
ただ、GM1には多重露光の機能があるので、どちらがよいか微妙なところではあります。
また、マウント面に付属のカラーフィルターを差し込むフォルダーがあり、色合いを変えて遊ぶ、といったこともできます。
詳細はこちら(Lomographyのサイトに移動します)

今回はレンズそのものをE-M1で撮影した写真を掲載します。

まずはレンズ3本まとめて。
レンズの上の方にある丸い金属製の部品がレンズシャッターのレバー、右側に見える大きい三角のレバーを切り替えることでレンズシャッターの有効無効を設定します。
左側の小さい三角のレバーはレンズシャッターのシャッタースピードの切り替え用で、バルブと1/100秒のいずれかを選択できます。
d0087407_13490913.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1, M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO, 14mm(35mm換算 28mm), F8.0, 1/8秒, ISO1600, FastStone Image Viewer 5.5 (リサイズのみ)


それぞれGM1に装着したところを
[PR]
by ohkujiraT | 2016-01-12 01:12 | 機材関連 | Comments(2)
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO 発表
今週、ラスベガスで開催されているCES(Consumer Electronics Show)にあわせて、待望の、ともいうべきM.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO(以下「MZD 300」)が発表されました。

「世界最強6段の補正性能を誇る5軸シンクロ手ぶれ補正」
「オリンパス史上最高レベルの解像力」
「840mmの超望遠手持ち撮影」(テレコンのMC-14を組み合わせたときの35mm判換算で840mm)

といった宣伝文句が踊っていました。

「5軸シンクロ手ぶれ補正」はWebで手ぶれ補正の解説動画を見たところ、レンズ側で補正しきれない"ぶれ"が発生した場合、センサー側が動いて補正効果を最大化するものと理解しました。
ただ、実際には、レンズ側補正が限界を超えてからセンサー側補正が動くのではなく、常時両者が連携して補正していると推測しています。
振り切るまで動くと反対方向の補正に行くのに時間がかかるので、それぞれ中間くらいまでで連携して補正する方が効果的と思われるためです。
それにしても6段分の補正効果は大したものです。当初の発表ではレンズ側の手ぶれ補正は言及されておらず、モックアップにも手ぶれ補正の切り替えレバーはなかったので、開発発表時には予定していなかったかもしれません。
技術開発が進んで使える見込みができたので、発売時期がずらしてでも搭載したのでしょう。(もしくは隠し玉にしたのかも)

海野和男さんの小諸日記にアップが始まった記事でも手ぶれ補正効果をかなり高く評価されてます。
アップされている写真のシャッタースピードも、標準レンズような1/40とか1/80、はては1/10(しかもMC-14付)まで、限界を試されようとしていたこともありますが、補正効果は凄いようです。

「オリンパス史上最高レベルの解像力」は、製品説明のページに記載されていた文言で、かのZUIKO DIGITALの最高峰グレードのSHG(スーパーハイグレード)と同等クラスか、と思う程度ですが、プレスリリースでは「 スーパーハイグレードレンズを超えるオリンパス史上最高の解像力」とあり、「ぼく1番です」と言い切ってました ^_^
そのレベルどうしの比較になると、大きなサイズのプリントで見ないと違いがわからん、というところもありますが、海野さんの写真やネット上のサンプルを見る限りでは非常にいいですね。

とても楽しみなレンズではありますが、性能が高い分、そのお値段もよろしいようで、希望小売価格は税込みで399,600円!! とても買えまっしぇ~ん。

念のため、オリンパスのオンラインショップでシミュレーションした結果は下記でした。
希望小売価格から14万円も安くなるので、なんか買えそうな錯覚が…

希望小売価格399,600円 
通常価格319,680円20% Off
プレミア会員価格303,696円5% Off
ポイント15%分45,554円15% 分
ポイント適用後258,142円 

しかも、オリンパスのメルマガでやってきた「おみくじ」でも5,000ポイントしかあたらず、ポイント15%分はありません ^^;
真面目に考えると、今年は年内に出てくると期待されるE-M1 MarkⅡが最優先なので、焦点距離 300mm(35mm判換算600mm)以上はめったに使わないよね、と言い聞かせて見送ることにします ^_^;

どうしてもその焦点距離が必要なときには、防湿庫でかなりの体積占めて鎮座するZUIKO DIGITAL ED 150mm F2.0にEC-20を装着して、300mm F4を気取ることにします ^_^

[PR]
by ohkujiraT | 2016-01-09 01:09 | 機材関連 | Comments(4)
2015-17 機材整理 その6:LUMIX DMC-GM1 Part5 ~BCL-0980 Fisheye~
LUMIX DMC-GM1で撮影した写真の4回目。
前回のボディキャップレンズBCL-1580に続き、BCL-0980 Fisheyeを装着して撮影した写真です。

フィッシュアイレンズといえば興味はあるのですが、利用頻度を考えるとなかなか手を伸ばしづらいレンズです。
そんなところに出てきたのがボディキャップレンズ。実売で1万円を切っているので、お試しレンズとして使うにはいいところついてます。
暗いレンズではあるのですが、室内を広く撮影したい時に活躍してくれてます。
と言いながら、今回の撮影場所は薄曇り屋外。ハーベストの丘です。

ニワトリにこれでもかとにじり寄って撮影してます。
人に慣れているの全く逃げようともしません。
d0087407_21402275.jpg
Panasonic LUMIX DMC-GM1, OLYMPUS BCL-0980 Fisheye, 9mm(35mm換算 18mm), F8.0, 1/125秒, ISO320, FastStone Image Viewer 5.5(リサイズのみ)


あと4枚あります
[PR]
by ohkujiraT | 2016-01-08 01:08 | 機材関連 | Comments(0)
梅開花
年末年始は暖かな日が続いておりましたが、その陽気に誘われてか、近所の梅が咲いてました。
間もなく寒さも戻ってくるようなので、開花ペースもいったんフリーズすると思われますが、楽しみですね。

LUMIX G VARIO 12-32mm F3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S.の最短撮影距離は、12-20㎜で20cm、21-32mmで30cmであり、梅のアップを撮るには厳しかったので、マクロレンズも欲しいなぁ、と思ったのでありました(笑)
d0087407_13222981.jpg
Panasonic LUMIX DMC-GM1, LUMIX G VARIO 12-32mm F3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S., 32mm(35mm換算 64mm), F7.1, 1/200秒, ISO200, SILKYPIX Developer Studio Pro 5

[PR]
by ohkujiraT | 2016-01-04 01:04 | | Comments(4)
2015-17 機材整理 その5:LUMIX DMC-GM1 Part4 ~BCL-1580~
LUMIX DMC-GM1で撮影した写真の3回目。
今回から手持ちの単焦点「レンズ」が続きます。

まず今回は、オリンパスの分類ではレンズではなくアクセサリー扱いのボディキャップレンズの第1弾 BCL-1580 を装着して撮影した写真です。
BCL-1580 は型番の通り15㎜ F8.0の単焦点レンズで、オリンパスのWebで「3群3枚のオールガラスのレンズ構成 」と謳われているだけあって、その値段や外観とは裏腹にけっこうよく写ります。

紅葉が進むナンキンハゼ。
d0087407_21344388.jpg
Panasonic LUMIX DMC-GM1, OLYMPUS BCL-1580, 15mm(35mm換算 18mm), F8.0, 1/640秒, ISO200, FastStone Image Viewer 5.5(リサイズのみ)


あと4枚あります
[PR]
by ohkujiraT | 2016-01-03 01:03 | 機材関連 | Comments(2)
2016年、新年あけましておめでとうございます \(^o^)/
新しい年が幕をあけました。
本年もどうぞよろしくお願いします。
皆さんにとって今年がいい年であることをお祈りします。

さて、今年の干支は「申」、ということもあり、今年の1枚目はサルの写真をもってきました。
昨年アップした記事の通り、出展した3回の写真展は全てみさき公園のニホンザルを被写体としたものでした。
最初の 写真展から候補に挙がっていたものの、惜しみつつも漏れた作品をもってきました。

この子ザルのように何かに驚きを感じる新鮮な気持ちでいたいですね ^_^
d0087407_00194513.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO+MC-14, 210mm(35mm換算 420mm), F5.0, 1/640秒, ISO200, SILKYPIX Developer Studio Pro 5

[PR]
by ohkujiraT | 2016-01-01 00:01 | お知らせ | Comments(7)