<   2011年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧
だんじり、まもなく。
この週末、繁忙期の1つめのヤマを越えました。
そうこうしているうちに、先週、岸和田のだんじり祭は終わってしまいました。
が、毎年お邪魔している陶器地区を含む堺市各地区のだんじり祭は来月の1週目、2週目がいよいよ本番です。

先週、10月1日、2日に櫻井神社に奉納する上神谷(にわだに)だんじり祭が開催される釜室や片蔵をうろついてきました。
TG-610のマジックフィルター試し撮りと同じ日のこと、E-620とZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWDの組み合わせでのバランスを確認するこちらがメインでした。

釜室地区の道路の上に渡された横断幕。
d0087407_2143364.jpg

OLYMPUS E-620, ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD, 32mm(35mm換算 64mm), F10.0, 1/500秒, ISO200, SILKYPIX Developer Studio Pro 5

あと9枚あります。
[PR]
by ohkujiraT | 2011-09-25 22:32 | だんじり祭 | Comments(4)
OLYMPUS Tough TG-610:ロックと水彩
OLYMPUS Tough TG-610(以下「TG-610」)のマジックフィルター「ロック」にハマった私は、散歩がてらTG-610を持って出かけました。
だんじりに備えて、E-620+ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWDでの撮影の慣らしがメインだったのですが、途中からTG-610に持ち替えてマジックフィルターでの撮影を楽しみました。

メインのE-620+ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWDは、私の手にはレンズの大きさの割にボディの縦の長さが足りず、縦グリがあった方が安定しそうです。
E-620にそこまで投資するかどうかは迷うところですが…

さて、TG-610ですが、今日はマジックフィルターの「ロック」と「水彩」のみで撮影しました。
普通に撮るなら、E-620で撮るので…

昨日の「ロック」の写真では、「被写体を選ぶのでは」、というコメントをいただきましたが、私も同様に考えています。
かなり極端にベタ黒とド・ピンクに塗り分けるので、物体の境界が曖昧な自然の造形を表現するのはなかなか厳しいです。
一方、人工物はその極端な塗り分けがフィットする場合が多いと思われます。

自然の多い公園でも、人工物があるとなかなかにフィットします。
d0087407_2324714.jpg

OLYMPUS Tough TG-610, 5mm(35mm換算 28mm), F3.9, 1/25秒, ISO200, マジックフィルター:ロック, FastStone Image Viewer 4.2(リサイズのみ)

あと5枚あります。
[PR]
by ohkujiraT | 2011-09-18 23:28 | 機材関連 | Comments(14)
機材整理 第三弾:OLYMPUS Tough TG-610 導入
しばしの余裕のある日々から繁忙期に突入しました。
10月いっぱいまでは仕事もあれば、だんじりもありで、更新が滞りそうです。

さて、「機材整理」というよりも、単なる買い増しなのですが、流れで書いておきます。

先日、沖縄に行くつもりが、台風の予報に恐れをなしてディズニーリゾートに変更したことは記述しました。
沖縄に行く気満々で手に入れたのが防水デジカメの OLYMPUS Tough TG-610(以下「TG-610」)でした。
次に沖縄に行く時には防水デジカメを買おうと考えていたので、予定通りの行動とはいえ、旅先は違う方向に行ってしまいましたが…

気休めとしては、購入した時期の価格.com記載の最安値よりかなり安かったことでしょうか。
いくつかの防水デジカメのクチコミを眺めていたところ、このTG-610のクチコミで、「ヤマダ電機LABI1なんばで11,800円でワゴンセールをしている」、というクチコミがあり、まだ残っているかも〜、とヤマダ電機LABI1なんばめがけて出かけました。
後継機種のTG-615が出たことによる在庫処分だと思われますが、スペックを見る限り、ほとんど同じだったので、とてもお買い得と感じてました。

で、ヤマダ電機LABI1なんばに行くには大抵の場合、なんばCITY、なんばパークスを通り抜けることになります。
そして、なんばCITYにはカメラのキタムラがあります。中古レンズでも見て行くか、とふらふらと吸い込まれていきました。
店の奥の中古レンズのコーナーに直行し、その手前の一眼レフ、そして出口に近いコンパクトデジカメのコーナーへと見て回ると…

防水デジカメコーナーの端にあったTG-310(TG-610の下位機種)が目に付いたので、その値段を確認し、「ヤマダ電機のTG-610より高いなぁ」と思いながらその横に目を移すとTG-610がありました。
そして、その視線を値札に移すと、「エッ」と目を疑い、TG-310の値札と見比べました。
TG-310より安い… しかも、クチコミのヤマダ電機よりも安い…

ということで、即決で決めました ^_^
予備電池と、海で使うからとフロートストラップも一緒に… (それでも元の値段と同じくらいでしたが)

TG-610の詳細はこちらですが、型落ちでいずれWebが参照できなくなるかもしれないので特徴を引用しておきます。
「⇒」以下はその感想です。

▶35mm換算28~140mm(5.0mm~25mm/F3.9~5.9)の光学5倍折り曲げ式ズームレンズユニット

⇒屈曲ズームの宿命か、レンズが暗いのはいかんともしがたいですね。
高感度が強いわけでもないので、海での使用を除くと、天気のいいお昼間の使用に限られそうです。
とはいえ、天気のいい昼間に写真を撮れる時間があるならデジタル一眼を持って行きますが…
あとは雨でちょいと出かける時ですかね。

▶水深5mまで撮影可能、落下に強い耐衝撃1.5m、耐低温-10℃

⇒これは心強いです。落下させたくはありませんが ^^;

▶3.0型92万ドットハイパークリスタルⅢ液晶

⇒天気のいい昼間でも比較的見やすい液晶です。
水中メインのためか、液晶保護シートが売ってないのが難点です。(来年まで海で使うこともないので)
調べて見ると、同じオリンパスのSZ-30MR用の液晶保護シートがほぼ同じと聞き、さっそく取り寄せてつかってます。

▶1400万画素CCDセンサー、画像処理エンジンTruePicⅢ+

⇒私の持つ機材で最高画素数です (^^;;
とはいえ、このクラスで1400万画素あっても、画質の割に無駄にサイズが大きいだけなので、画素数減らして画質の向上を目指して欲しいです。

▶8種のマジックフィルター(水彩、クリスタル、ロック、ポップ、ピンホール、スケッチ、フィッシュアイ、ウェディング)

⇒デジタル一眼とXZ-1におけるアートフィルターと同じですね。
これが意外といけました。
水彩、スケッチ、ロック あたりの普通の写真とは全く違うものにしてしまうフィルターが面白いです。(画質が関係ない世界になるし ^^;;)
特にロックはハマりそうです。

▶CCDシフト式手ぶれ補正

⇒やはり手ぶれ補正はあるに越したことはありません。
もはや手ぶれ補正に慣れ切っているので、ついていないと撮りながらも心配です。

1点気にかかったのは充電方法でした。

最近のコンパクトデジカメと同様、コスト削減で、このTGー610にも充電器がついておらず、本体のマルチコネクター(miniUSB?)から給電します。
普通のデジカメであれば、充電用の端子のカバーをあけてケーブルを接続するのでよい(といっても充電中は使えないのは不便です)のですが、TGー610の場合、防水の関係で、開口部がメディアやバッテリーのスロット部分しかなく、スロットの横にマルチコネクターのポートが設けられています。
充電中は蓋が空いたままで壊れやすそうですし、海で使う時期だと、シーリング部分への埃の付着も心配です。

ということで、来年の夏までは、マジックフィルターと悪天候が予想される時のE-5のサブとして使っていこうと目論んでます。

写真はハマりそうなマジックフィルター「ロック」で撮影したもの。

歩道橋の上から。
d0087407_019559.jpg

OLYMPUS Tough TG-610, 5mm(35mm換算 28mm), F11, 1/100秒, ISO80, マジックフィルター:ロック, FastStone Image Viewer 4.2(リサイズのみ)

あと2枚あります。
[PR]
by ohkujiraT | 2011-09-17 23:59 | 機材関連 | Comments(8)
東京ディズニーリゾート 2011 その5:ゲート近くで
その4のトリトンズ・キングダムで閉園時刻を迎え、その2の1枚目を撮影してからディズニーシーを後にしました。
ここで時間をディズニーシーの入場時刻前に巻き戻します。

羽田空港で昼食をとったりしたため、ホテルにチェックインした時には午後4時を過ぎていました。
この時間になると、2デーパスポートより、午後5時からのチケット+1デーパスポートの方がお得になります。
が、ゲートに到着したのは午後5時には30分ほど早い時刻。そのため、ゲート付近でぶらぶらとしながら写真を撮ってました。
ゲートの外といえどもその構造物には手抜きはなく、しっかり雰囲気は味わ合わせていただきました。

ところで、その4の写真のキャプションでお気づきの方もおられるかもしれませんが、現像ソフトをSILKYPIX Developer Studio Proから SILKYPIX Developer Studio Pro 5にパージョンアップしました。
SILKYPIX Developer Studio Pro 5は、ノイズ処理がさらに進化するなど機能向上が著しいのですが、「HDR」も追加されました。
従来から「覆い焼き」はあり、両者とも明部と暗部のバランスをとりながら、暗いところを明るくしてくれる機能なので、どう違うのだろう?? という疑問がありました。
また、デジタルカメラマガジンのインタビュー記事でも、両者は別物という発言があったので、今回のRAWファイルで試してみました。

写真は2枚で、両方とも元のRAWファイルでは日陰となる部分(ほとんどですね)が暗いので、それぞれ、HDRと覆い焼き機能を使って暗部を持ち上げています。
HDR→覆い焼きの順で掲載しています。

HDR
d0087407_23454586.jpg

OLYMPUS E-620, ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6, 19mm(35mm換算 60mm), F6.3, 1/200秒, ISO200, SILKYPIX Developer Studio Pro 5

あと3枚あります。
[PR]
by ohkujiraT | 2011-09-10 23:52 | 公園・テーマパーク | Comments(8)
東京ディズニーリゾート 2011 その4:トリトンズ・キングダム
夕食のあと、その1で掲載した写真を撮影し、帰路を急ぐ人たちとは反対にディズニーシーの奥へと歩みを進めました。
「海底2万マイル」や「センター・オブ・ジ・アース」のあるプロメテウス火山の地下を通り、ディズニー好きの友人お勧めの子供向けのアトラクション「トリトンズ・キングダム」に向かったのでした。

「トリトンズ・キングダム」は、1つの大きなアトラクションではなく、小さな子供向けの小さめの室内アトラクションをたくさん設置しています。
閉園までの時間がわずかだったこともあり、アルエルのプレイグラウンド、ワールプールなど2つくらいのアトラクションを楽しむにとどまりました。
その中でも何枚か撮影したものを掲載します。

ワールプールの行列待ちの際に撮影した柱にへばりつくウミウシ型の照明。
d0087407_2244283.jpg

OLYMPUS E-620, ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro, 50mm(35mm換算 100mm), F2.0, 1/30秒, ISO200, SILKYPIX Developer Studio Pro 5

あと3枚あります。
[PR]
by ohkujiraT | 2011-09-09 22:55 | 公園・テーマパーク | Comments(6)
本町橋
今日は久し振りにiPhoneから。
少し前に大阪城から湊町リバープレースまでの観光船「アクアライナーmini」に乗ったという記事をアップしました。
その際に掲載した写真は船から本町橋を撮影したものでした。

先日、その本町橋を通りがかったので、前回とは逆に橋の上から川を撮影しました。
最近はカメラを持ち歩くことがないため、iPhoneでの撮影です。

本町橋から北向きに高速道路を入れて撮影。
アクアライナーminiが通りがかってくれると面白かったのですが…
d0087407_21475450.jpg

iPhone 3GS

もう1枚あります。
[PR]
by ohkujiraT | 2011-09-08 21:50 | 大阪 | Comments(0)
東京ディズニーリゾート 2011 その3:サンビーニ・ブラザーズ・リストランテ
ディズニーシーの夜景続きのついでに、夕食をとったレストランの写真を掲載します。

S.S.コロンビア号の前で行われたショー「テーブル・イズ・ウェディング」を見た後、ディズニーシー10周年記念の壮大なショー「ファンタズミック!!」を見ようとメディテレーニアンハーバーに移動しました。
メディテレーニアンハーバーの周りはすでに人でいっぱいで、少し見やすい場所でしばらく見ていたところ、眠いのかお腹が空いたのか、その両方なのか、子供がショーを見ていないことに気づきました。
であればやむなしと、レストランが空いているうちに夕食をとることにしました。
少し歩いて入ったのが、明治が提供する「サンビーニ・ブラザーズ・リストランテ」。
以下、オフィシャルWebでのこのレストランの紹介。

---<抜粋開始>---
このエリアの開拓者の一員だったザンビーニ家は、おいしいワインと良質のオリーヴオイルを代々つくり続けてきました。20世紀のはじめ、ザンビーニ家の3兄弟がワイナリーを改装して開いたのがこのレストランです。ピッツァ、パスタ、ドリアなど、3人がそれぞれの好物で村人や旅人たちをもてなす楽しいお店へ遊びにきませんか?
---<抜粋終了>---

こういう場所柄、値段は決して安くはありませんが、値段分の美味しさはあったように思います。
たしかにオフィシャルスポンサーの名前が出ているレストランで下手な味のものを出せないですね。
ビールと一緒に2種類のパスタやサラダなどを美味しくいただきました。

「ファンタズミック!!」をやっている最中に店に入り食べ始めたので、店はほぼガラガラでした。
しかし、ショーが終わると同時に大行列で席がない状態になり、ある意味正解だったかな、と。

それでは店内の気になったパーツの写真を。

梁ににぶら下がっていた農機具? ワイン造りの道具でしょうか??
d0087407_23412981.jpg

OLYMPUS E-620, ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro, 50mm(35mm換算 100mm), F2.0, 1/25秒, ISO800, SILKYPIX Developer Studio Pro 5

あと4枚あります。
[PR]
by ohkujiraT | 2011-09-06 23:53 | 公園・テーマパーク | Comments(4)
東京ディズニーリゾート 2011 その2:夜のディズニーシー Part2
前回の続きで夜のディズニーシー、今回はアメリカンウォーターフロントで撮影した写真です。

S.S.コロンビア号の煙突の1本。
d0087407_23243458.jpg

OLYMPUS E-620, ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro, 50mm(35mm換算 100mm), F2.0, 1/50秒, ISO800, SILKYPIX Developer Studio Pro

あと4枚あります。
[PR]
by ohkujiraT | 2011-09-04 23:40 | 公園・テーマパーク | Comments(6)
東京ディズニーリゾート 2011 その1:夜のディズニーシー Part1
8/30、31と旅行先の写真を掲載しましたが、その撮影地はご想像通り「東京ディズニーシー」でした。
写真撮影より並んだりして待っている時間が長かったので、それほどたくさん撮影したわけではありませんが、順次掲載していきます。

先の2回が夜のディズニーシーだったので、その続きを…

メディテレーニアンハーバーを挟んでアメリカンウォーターフロント方面。
奥にはタワー・オブ・テラーが青く浮かび上がっています。
d0087407_15364510.jpg

OLYMPUS E-620, ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro, 50mm(35mm換算 100mm), F2.0, 1/15秒, ISO800, SILKYPIX Developer Studio Pro

あと3枚あります。
[PR]
by ohkujiraT | 2011-09-03 15:44 | 公園・テーマパーク | Comments(14)
Panasonic LUMIX DMC-FZ150 国内発表
機材関係の記事ばかりで恐縮ですが、今日、パナソニックから高倍率ズーム搭載のコンパクトデジカメ、FZシリーズの新製品「FZ150」が発表されました。
私の2代目のデジカメはこのシリーズの初代モデルである「FZ1」だったこともあり、何の気なしにWeb記事を見ると、

「フル画素メカシャッターで秒間12コマ高速連写」
「前モデルのFZ100から画素数を落として高感度性能を改善」
「FZ100よりAFを2倍高速化」、「約0.1秒AF」
「1080/60pのフルハイビジョンムービー撮影」

という文面が踊っていました。

「コレはっ!」とばかりに製品紹介のWebへと飛びました。
そこには…

「高速連写は電子シャッターなら秒間60コマ(2.5M/0.3Mモード)」
「レンズを持ちながら左手でズーム(やMF)できるサイドレバー装備」
「4CPUのビーナスエンジン」

という記述もあり、欲しいと思っている用途に十分見合うものでした。

その用途とは、

▶Panasonic GH1が担っているビデオ撮影(手動ズームがパワーズームになると動画は撮りやすい)
▶OLYMPUS E-100(古っ!!)が担っている高速連写(E-100は秒間15コマ)

であり、この両方を満たすことができると1台に集約できます。
最近ではGH1で静止画を撮影することはほとんどないこと、ごくたまにしか使用しない高速連写のためだけに専用のデジカメを導入したくはない、といったことを考慮すると、とても魅力的です。

それに…
フロントコンバーターレンズを装着するアダプターが純正で用意されているので、今は防湿庫に眠るFZ1の時代に揃えたコンバーターレンズ群が再び使えるようになる(はず)。
いやぁ、FZ1に「ブタバラ・アダプター」を装着して、オリンパスのTCON-17(1.7倍テレコン)、WCON-07(0.7倍ワイコン)、MCON-40(マクロコンバーター)、レイノックスのDCR-2020PRO(2.2倍テレコン)などで撮影を楽しんだのを思い出します。
テレコンの連結なんてこともしてましたね ^_^

写真はFZ1で撮影した南太平洋のフィジー南西部に浮かぶ「リゾートアイランズ」の1つ「トレジャー島」のビーチ。
随分昔の写真です。
d0087407_23484264.jpg

Panasonic LUMIX DMC-FZ1, LEICA DC VARIO-ELMARIT 4.6-55.2mm F2.8 ASPH., 6.4mm(35mm換算 48.7mm), F5.6, 1/800秒, ISO50, SILKYPIX Developer Studio Pro

「サイドレバー」は、マイクロフォーサーズの新レンズ、LUMIX G Xシリーズにも搭載されているものと同じコンセプトのもののようですね。
GHシリーズやG3のようにストロボ上面にステレオマイクも付いているので、動画にはかなり力を入れているように思えます。
すぐに入れるつもりはありませんが、作例を見るのが楽しみです。
[PR]
by ohkujiraT | 2011-09-01 23:59 | 機材関連 | Comments(4)