<   2007年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧
LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm / F3.5-5.6 ASPH. / MEGA O.I.S. 発表
USで、E-510と兄弟機と思われるLUMIX L10が発表されました。それと同時にキットレンズのLEICA D VARIO-ELMAR 14-50mm / F3.8-5.6 ASPH. / MEGA O.I.S.、そしてロードマップに発表されてから期待していたLEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm / F3.5-5.6 ASPH. / MEGA O.I.S.もあわせて発表されました。

以前の記事でも書いた通り、ライブビューAモードで無理な体勢で撮影することもあるE-330には、常々手ブレ補正が欲しいなぁ、と思っていました。また、子供が通う保育園のお遊戯会でも、レンズ交換なしで28mm-300mm(35mm換算)をカバーし、かつ、手ブレ補正付で使えるので魅力を感じていたのでした。

もっとも、まもなく発表されるであろうボディ内手ブレ補正付のE-3にE-330のAモード相当以上のライブビューがあれば、文句なくそちらに走ることになります。が、そうでもないような可能性もあり、そうでなければ、E-330の強化延命のため、このレンズはいい選択ではないかと考えてます。

それで、現在使用している標準、望遠のレンズ2本(ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5、ZUIKO DIGITAL 40-150mm F3.5-4.5)の焦点距離をカバーすることになるため、比較してみました。(見づらい場合は画像をクリックしてみてください)

d0087407_0141878.jpg

比較表を作ってみて、場合により(お遊戯会、ちょっとした旅行など)、使えるなぁと思いました。ただ、レンズが暗くなるのと、マクロ性能が落ちるため、ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5より軽いZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro(300g)などを持ち歩いてもよいかもしれません(50mm F2.0もまだ持ってません^^;)。

しかし、まだ値段がわからないので、実際のところはなんともいえません。あんまり高ければあきらめですね~。
[PR]
by ohkujiraT | 2007-08-31 23:34 | 機材関連 | Comments(0)
ブログ開設から1年たちました
本日をもちまして、ブログ開設一年となりました。
皆様からコメントをいただいたり、訪問者数が増えたりすることを励みに続けてこれました。ありがとうございます。

まだまだ未熟な腕前で、つたない写真を掲載していますが、これに懲りず、引き続きお越しいただければ幸いです。

d0087407_0301170.jpg
OLYMPUS E-330, ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5, SILKYPIX Developer Studio 3.0
[PR]
by ohkujiraT | 2007-08-31 00:00 | お知らせ
天野山 金剛寺 その3:境内の風景
金堂の裏を抜け、境内を散策しました。

金堂と多宝塔のエリアを囲む土塀。
d0087407_2375147.jpg
OLYMPUS E-330, ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5, SILKYPIX Developer Studio 3.0

上の土塀の反対側の敷地にある南朝の行在所だった建物の門。当日は平日だったため、中を見ることはできませんでした。
d0087407_2383432.jpg
OLYMPUS E-330, ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5, SILKYPIX Developer Studio 3.0

行在所前から振り返って撮影した坂道。
d0087407_23101691.jpg
OLYMPUS E-330, ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5, SILKYPIX Developer Studio 3.0

坂道を下りきったところで境内を流れる天野川に出会います。紅葉や桜の季節にはいい風景になりそうです。
d0087407_2310585.jpg
OLYMPUS E-330, ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5, SILKYPIX Developer Studio 3.0
[PR]
by ohkujiraT | 2007-08-30 23:16 | 古建築(寺社城) | Comments(0)
E-3、40D、D300 比較表を変更しました
8/23の「Canon EOS 40D、Nikon D300 発表」に載せた表にあった液晶モニターの画素数表記に関して、いくつかコメントをいただきました。その内容を反映して、表の記載を変更しております。

panさん、ペンちゃんさん、幸之介さん、ありがとうございました。
[PR]
by ohkujiraT | 2007-08-30 22:16 | お知らせ | Comments(0)
天野山 金剛寺 その2:金堂と多宝塔
その1から少し開きましたが、天野山 金剛寺の続きです。

楼門を入ると正面奥の右側に金堂が左側に多宝塔があります。

金堂には、大日如来坐像とその両脇を降三世明王坐像、不動明王坐像が鎮座していました。楼門側から。
d0087407_2315681.jpg
OLYMPUS E-330, ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5, SILKYPIX Developer Studio 3.0

奥側から楼門方向にカメラを向け、空をバックに。
d0087407_23151989.jpg
OLYMPUS E-330, ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5, SILKYPIX Developer Studio 3.0

上とほぼ同じ位置からカメラを右に振って多宝塔の上部。
d0087407_23153086.jpg
OLYMPUS E-330, ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5, SILKYPIX Developer Studio 3.0

多宝塔は建久2年(1205年)より前に建立された古いもので、慶長年間には豊臣秀頼が、元禄13年には徳川綱吉が修復しています。「内大臣 豊臣朝臣秀頼」の銘が残っていました。綱吉の修復の時によく消されなかったものです(元禄時代には豊臣など遠い過去にすぎなかったのかもしれませんね)
d0087407_23154369.jpg
OLYMPUS E-330, ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5, SILKYPIX Developer Studio 3.0
[PR]
by ohkujiraT | 2007-08-29 23:33 | 古建築(寺社城) | Comments(0)
沖縄から戻りました
3泊4日で家族サービスも兼ねて沖縄に行ってました。出張でもないので、PCは持っていかず、インターネットにはアクセスしなかった次第です。そのかわり、デジカメは4台 ~デジタル一眼レフ 1台にレンズ 3本、ワイコン付コンデジ 1台、防滴ケース入コンデジ 1台、サッと出し用コンデジ 1台~ 持っていきましたよ ^^;

結局、RAW撮りが多かったこともあり、9GB程度は撮影しました(ディスクが~)。とはいえ、セレクトしていくとずいぶん減っていくと思いますが…

セレクトしたら、おいおいアップしていきます。金剛寺や神戸もまだアップしていないので、この期におよんでまだ夏休みの宿題が終わって気分です^^;

d0087407_23532281.jpg
OLYMPUS CAMEDIA C-5060 Wide Zoom, WCON-07C(0.7倍ワイコン), SILKYPIX Developer Studio 3.0
[PR]
by ohkujiraT | 2007-08-28 23:18 | お知らせ | Comments(6)
2-3日 不通となります
2-3日、インターネットにアクセスできなくなります。
いただきましたコメントへの返信が遅れますが、ご容赦ください^_^

写真は今朝の朝焼け。太陽が二上山の麓から出てくる位置まできました。鞍部からのきれいな日の出は拝めるのでしょうか!?

d0087407_6591263.jpg
OLYMPUS E-330, ZUIKO DIGITAL 40-150mm F3.5-4.5, SILKYPIX Developer Studio 3.0
[PR]
by ohkujiraT | 2007-08-25 07:02 | お知らせ | Comments(2)
Canon EOS 40D、Nikon D300 発表
月曜日にキヤノンからEOS 40D、今日、ニコンからD300と、E-3の競合とオリンパスが目している機種が発表されました。それで、この2機種とE-3のもれ聞こえる機能を比較するとどうなるんだろうかと興味がわき、先日ネット上に流出していたオリンパス・ヨーロッパ?のビジネスミーティング資料に記載のE-3のわかる範囲のスペックと発表された40DD300の仕様表から抜粋して比較表を作成してみました。

※液晶モニターの画素数の記載ですが、D300は「92万画素」と記載しましたが、仕様表には「約92万ドット(VGA)」と記載されています。VGAであれば、640×480で約30万画素になります。

約92万ドットとは、ペンちゃんさんのコメントにあるRGB各1ドットで1画素、すなわち、640×480×3(R・G・B)=921,600 で出てくる数字です。(うーんややこしい)

さらに、幸之介さんのコメントで、「23万画素」も同じ計算、すなわち、320×240×3(R・G・B)=230,400 になる、というご指摘がありました。同じレベルで比較すると、約7.7万画素と約30万画素ということになります。

ということで同じレベルの比較になるよう、また、慣習上の記載+計算式でわかりやすくなるよう、さらに表を修正しました。

panさん、ペンちゃんさん、幸之介さんご指摘ありがとうございました。

また、誤解の原因がわかりました。Juanlogさんのブログからの引用です。
---
液晶モニタの1画素(ピクセル)は、RGB三色の長方形が並んで一つの正方形を形作っている。それに対し、一般的なデジカメのイメージセンサは、一画素で三原色すべてを記録するようにはなっておらず、一画素1色になっている。RGB三色それぞれに感じる画素を市松模様に並べているのだ。
---

液晶モニタと撮像素子では画素構造と数え方が違うところに混乱の要因があるわけですね。ということは、本来的には、23万画素、92万画素ではなく、その1/3である 76,800画素、204,800画素と記載するんが正確になのかもしれませんね。
ま、滑らかにきれいに見えれば、何十万画素でもよいのですが。


d0087407_21514548.jpg


比較表を見てみて、40Dは満足のいくスペックのものを安めの価格で提供してターゲットの団塊の世代を幅広く取り込もうという戦略で、D300は高スペックで少し頑張れば手が届きそう、という価格設定で「やっぱりニコンはいいよね」といわせてお金のある団塊の世代をとりこもういう戦略でしょうか。考え方の違いがあって面白いですね。

さて、まだ見ぬE-3は、実際にはどうなんでしょう?早く発表して欲しいですね。
[PR]
by ohkujiraT | 2007-08-23 21:55 | 機材関連 | Comments(12)
天野山 金剛寺 その1:楼門
2つ下の8月16日に撮影にでかけた天野山 金剛寺。境内に入る前、楼門で時間をとられました。

楼門前には水かけ三尊像がありました。太平洋戦争で犠牲となった方々の供養のために建立されたようです。三尊像のうちの二尊の像です。
d0087407_071171.jpg
OLYMPUS E-330, ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5, SILKYPIX Developer Studio 3.0

楼門を背景に残る一尊の後姿。毘沙門天だったと記憶しています。
d0087407_065778.jpg
OLYMPUS E-330, ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5, SILKYPIX Developer Studio 3.0

楼門では、向かって右に持国天、左に増長天の大きな立像が脇を固めています。いずれも鎌倉時代の作で、重要文化財に指定されています。
左側の増長天を正面から。もやもやと見ているのは網のボケです(消しきれませんでした)。
d0087407_072273.jpg
OLYMPUS E-330, ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5, SILKYPIX Developer Studio 3.0

増長天を斜め下から。なかなかの迫力です。なにぶん相手の背が高いため、E-330のライブビュー機能を活かして、手を伸ばして、できるだけ高い位置から撮影してます。右側のボケは桟のボケ…
d0087407_073460.jpg
OLYMPUS E-330, ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5, SILKYPIX Developer Studio 3.0

右の持国天の正面。これも金網ボケが…
d0087407_074337.jpg
OLYMPUS E-330, ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5, SILKYPIX Developer Studio 3.0

斜め下から。桟と桟の間も狭いので、左右いずれかにボケが写りこんでしました。細身のレンズだったら問題なかったかもしれません。
d0087407_07533.jpg
OLYMPUS E-330, ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5, SILKYPIX Developer Studio 3.0
[PR]
by ohkujiraT | 2007-08-19 23:59 | 古建築(寺社城) | Comments(2)
山岸伸 「ばんえい競馬写真展」
今日は、神戸まで山岸伸さんの「ばんえい競馬写真展」を見に行ってきました。デジタルフォト8月号 34-41ページに掲載のギャラリー「闘神咆哮」に掲載された写真を見て、これは行かなければ、と思っていたところ、今日の昼間、ぽっかり予定が空いていたので、ようやく見に行くことができました。(南大阪の自宅から神戸はやはり遠い…)

10時前後に到着し、まだオープンしていないところをギャラリーオーナーのカメラのカツミ堂の方にあけていただきました。「早起きは三文の得」ではありませんが、誰もいないギャラリーで小1時間ほど堪能させていただきました。

馬が吐き出す息や体から立ち上る水蒸気がスクリーンとなって馬のシルエットが浮き上がる様はいいですよ。特にデジタルフォト8月号の36ページ上にも掲載されている写真は特にお気に入りとなった一枚です。
同じく、デジタルフォト8月号の34-35ページの見開きにもなっている写真も大きくなると迫力も倍増です。もし、実際に「黒王」がいたとしたら、そのままの迫力ではないか、などとつまらぬことを考えてしまいました(「黒王」とは、「北斗の拳」ラオウの愛馬です^_^)。
なにより、馬と人が一緒に写っているものは、レースでも、蹄鉄をつけているところでも絵になりますね。頑張れと言いたくなったり、ほのぼのしたりと、想像が広がります。


神戸元町アートギャラリー(元町一番街:南京町の北側)
8月9日(木)~8月22日(水)午前10時~午後7時(最終日午後12時まで)
078-321-2166

写真展にいけない方も、ぜひデジタルフォト 8月号をご覧ください。

その後は、撮影しながらメリケン波止場をぐるりとまわり、南京町で食事をして帰りました。今日も暑い日で、500mlのペットボトル2本を飲み干し、お昼は当然生ビール付です^_^;

その時の写真はおいおいと…

d0087407_2312829.jpg
OLYMPUS E-330, ZUIKO DIGITAL 40-150mm F3.5-4.5, SILKYPIX Developer Studio 3.0
[PR]
by ohkujiraT | 2007-08-17 23:59 | 写真展 | Comments(0)