カテゴリ:石川( 9 )
飛騨・加賀の旅 その18(最終回):山中温泉 気になる建造物
その17で食べ歩いた山中温泉のメインストリート。ちょっと気になった建造物がありました。

泊まった宿に設置されていた火の見櫓。火災を知らせる半鐘もしっかり装備です。
d0087407_238146.jpg
OLYMPUS E-3, ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5, 54mm(35mm換算 108mm), F5.0, 1/250秒, ISO100, SILKYPIX Developer Studio Pro

あと2枚あります。
[PR]
by ohkujiraT | 2009-11-17 23:20 | 石川 | Comments(12)
飛騨・加賀の旅 その17:山中温泉 温泉街食べ歩き
その16で黒谷橋から"あやとりはし"まで歩き、"あやとりはし"を渡って山中温泉の中心街へと入りました。

ここからは食べ歩きの時間です(^_^)

温泉地では基本の温泉たまご。山中温泉では「ゆせんたまご」と読むようです。
じつはこれは食べてませんでした…
d0087407_19234593.jpg
OLYMPUS E-3, ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5, 20mm(35mm換算 40mm), F5.6, 1/250秒, ISO100, SILKYPIX Developer Studio Pro

あと4枚あります。
[PR]
by ohkujiraT | 2009-11-03 20:45 | 石川 | Comments(12)
飛騨・加賀の旅 その16:山中温泉 鶴仙渓 黒谷橋
ゴールデンウィークの飛騨・加賀の旅、前回掲載からひと月以上あきましたが続けていきます。今回を含めてあと3回の予定です。

鶴仙渓遊歩道にかかる3つの橋のうち、一番南にある「こおろぎ橋」から中央の「あやとりはし」まで歩いた翌日、一番北側にある「黒谷橋」から「あやとりはし」まで歩きました。遊歩道の端から中央の「あやとりはし」を目指し、その後、あやとりはしから近い温泉街中心部の食べ歩きという計画でした。

黒谷橋は、「こおろぎ橋」や「あやとりはし」と比較すると、オーソドックスながら風情があります。
d0087407_22215051.jpg
OLYMPUS E-3, ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5, 14mm(35mm換算 28mm), F4.0, 1/160秒, ISO100, SILKYPIX Developer Studio Pro

あと5枚あります。
[PR]
by ohkujiraT | 2009-10-21 22:48 | 石川 | Comments(8)
飛騨・加賀の旅 その15:山中温泉 鶴仙渓 あやとりはし
ゴールデンウイークに出かけた飛騨・加賀の旅、その14で山中温泉に到着し、鶴仙渓遊歩道へと向かいました。鶴仙渓遊歩道では、南端の「こおろぎ橋」を起点に中間点の「あやとりはし」を目指しました。

遊歩道を進むとやがて見えてくる… 空間の捻じれ? 橋が歪んでいる…
そう、これが「あやとりはし」、鶴仙渓上空に存在する異空間を通過するため、捻じれて見える…(ウソ ^_^;)
d0087407_10453212.jpg
OLYMPUS E-3, ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5, 14mm(35mm換算 28mm), F7.1, 1/400秒, ISO100, SILKYPIX Developer Studio Pro

あと4枚あります。
[PR]
by ohkujiraT | 2009-09-12 11:24 | 石川 | Comments(18)
飛騨・加賀の旅 その14:山中温泉 鶴仙渓 こおろぎ橋から
ゴールデンウイークに出かけた飛騨・加賀の旅、その13で金沢 兼六園をあとにし、その日の宿である山中温泉に向かいました。

石川県と福井県の県境近辺は芦原、山代、片山津などの著名な温泉地が集中しており、山中温泉もそのひとつに数えられます。その場所は山代温泉から大聖寺川を遡った奥にあり、鶴仙渓沿いに南北に細長く広がっています。

温泉宿は大聖寺川の両岸にあるものの、中心街は大聖寺川の西側にあり、中心街の対岸に渓谷沿いの鶴仙渓遊歩道が設けられています。山中温泉に投宿したのは、この遊歩道での散策や撮影が魅力的だったから、ともいえます。

さて、午後3時頃に宿に到着し、荷物を置いて早速散策に出かけました。
鶴仙渓遊歩道には両端と中央に合計3本の橋がかかっており、中心街と遊歩道を結んでいます。たまたま宿が遊歩道の南端に近い場所だったため、南端にかかる「こおろぎ橋」を渡り遊歩道へと向かいました。

「こおろぎ橋」は、総檜造りの木製の橋で、橋のたもとの九谷の陶石で作られた銘板によると…
----
蟋蟀(こおろぎ)橋
元禄時代以前からかかっている橋で、山中温泉の代名詞ともいえる名勝です。
この付近は岩石が多く、行く路は危なかったので(行路危:こうろぎ)と言われ、また秋の夜、可憐に鳴く蟋蟀の声にちなんで名付けられたとも言われています。
----
と古くから架けられていた橋だったようです。
遊歩道からさらに降りた場所から「こおろぎ橋」を撮影。
後方の宿はこおろぎ楼(ここに宿泊したわけではありませんが、この宿から見る「こおろぎ橋」とその風景もなかなかのようです)。
d0087407_23201328.jpg
OLYMPUS E-3, ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5, 41mm(35mm換算 82mm), F6.3, 1/100秒, ISO640, SILKYPIX Developer Studio Pro

あと4枚あります。
[PR]
by ohkujiraT | 2009-08-27 23:33 | 石川 | Comments(10)
飛騨・加賀の旅 その13:カキツバタ未だ咲かず
ゴールデンウィークに出かけた飛騨・加賀の旅、金沢は兼六園も最後となりました。

兼六園の初夏といえばカキツバタ、4万本のカキツバタが植えられているそうです。
しかし、ゴールデンウィークはまだ咲くには早く、緑のカキツバタが列をなしていました。
これが満開となるときれいでしょうね~。
d0087407_23174484.jpg
OLYMPUS E-3, ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5, 50mm(35mm換算 100mm), F4.5, 1/320秒, ISO100, SILKYPIX Developer Studio Pro

あと3枚あります。
[PR]
by ohkujiraT | 2009-08-11 23:59 | 石川 | Comments(14)
飛騨・加賀の旅 その12:山崎山を降る
宮古島シリーズと並んで、こちらも月刊ペースになりつつある「飛騨・加賀の旅」。
前回の金沢は兼六園の「山崎山」を支える巨木を撮影したあと、その山崎山に登り、反対側に通り抜けて降りました。その後は、大きく一周すべく、「桜ヶ岡」方面へ向かいました。

裏側から登ったのは階段で、正面側はスロープでした。
そのスロープを下から撮影。
d0087407_055653.jpg
OLYMPUS E-3, ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6, 18mm(35mm換算 32mm), F6.3, 1/100秒, ISO100, SILKYPIX Developer Studio Pro

あと2枚あります。
[PR]
by ohkujiraT | 2009-07-22 23:59 | 石川 | Comments(11)
飛騨・加賀の旅 その11:山崎山の礎
GH1、E-P1の話題が続いたので、たまにはシリーズものを。
ゴールデンウィークに出かけた飛騨・加賀の旅、金沢は兼六園の2回目です。

その10の「根上松(ねあがりまつ)」を撮影した後、子供がトイレに行きたい、というので、園内の最寄りのお手洗いに向かいました。そこは兼六園東側の隅に築山として設けられた「山崎山」の裏手でした。

「山崎山」は、別名「紅葉山」とも呼ばれ、秋には美しい紅葉に覆われるようです。しかし、訪れたのは5月初旬、若葉が目にしみる季節。また違った姿を目にすることができました。

使用したレンズは、ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6。その10で使われたZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWDと同じく、ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6使われた唯一のシーンとなりました(それ以外はZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5を使用)。

山崎山の麓から伸びる巨木。若葉が育ってきています。
d0087407_23233291.jpg
OLYMPUS E-3, ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6, 9mm(35mm換算 18mm), F6.3, 1/200秒, ISO100, SILKYPIX Developer Studio Pro

あと3枚あります。
[PR]
by ohkujiraT | 2009-06-27 23:27 | 石川 | Comments(12)
飛騨・加賀の旅 その10:根上松
月、火と連ちゃんで飲みに行った影響で、思いのほか水曜日は体調が悪く、午後には頭が痛みだしました。「年をとると二日酔いまで遅れてくるのか」、と悪態をつきながら耐えていると、夕方を過ぎた頃にはアセトアルデヒドの処理もようやく終わったのか、すっきりしてきました。とはいえ、ちょっとは反省して昨日今日は休肝日です ^_^;

さて、飛騨・加賀の旅は前回のその9で飛騨高山を去り、一路、金沢へ向かいます。
金沢では、兼六園のそばにウェルシティ金沢(石川厚生年金会館)があり、歩いて兼六園にいけるのと、けっこう安めだったこともあり、そこを宿としました。
が、遅めに着いて翌日は早めに出発して滞在時間が短かったこと、子供連れで歩き中心だったことで、兼六園以外はちょっと厳しかったです。せいぜい香林坊あたりに食事に出かける程度でした。

ということで、金沢の写真は兼六園のみで進めます。また、今日は1枚だけです(体力回復のため早めに寝ます ^_^;)。

兼六園といえばコレ。「根上松(ねあがりまつ)」ですね。
その特徴的な根の部分を、右上に松の枝、左下の隙間にツツジ?を配して撮影しました。
d0087407_23462015.jpg
OLYMPUS E-3, ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD, 108mm(35mm換算 216mm), F3.3, 1/250秒, ISO100, SILKYPIX Developer Studio Pro

以下、兼六園のWebからの引用です。
---
[根上松](ねあがりまつ)
大小40数本もの根が地上2mにまでせり上がった奇観はたいへんな迫力で、兼六園名物の一つとなっています。この松は、13代藩主・斉泰(なりやす)が土を盛り上げて若松を植え、根を深く土で覆い、成長後に土をのぞいて根をあらわにしたものだと伝えられています。
---

今回の旅行では、撮影のほとんどをZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5ですませてしまいました。万能レンズの面目躍如といったところでしょうか。一方、そのあおりをうけて、ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWDを使ったのはこのシーンだけに終わりました。

飛騨・加賀の旅 INDEX
その1:旅から帰ってきました(2009年5月2日掲載)
その2:ひるがの高原SAにて(2009年5月4日掲載)
その3:高山、食べ歩きの街(+地酒試飲も ^_^)(2009年5月5日掲載)
その4:宮川沿いの風景(2009年5月6日掲載)
その5:土蔵の店(2009年5月7日掲載)
その6:看板(2009年5月8日掲載)
その7:二人静 白雲(2009年5月9日掲載)
その8:さるぼぼ(2009年5月10日掲載)
その9:高山雑風景(2009年5月13日掲載)
その10:根上松(2009年6月4日掲載)
[PR]
by ohkujiraT | 2009-06-04 23:57 | 石川 | Comments(14)