カテゴリ:機材関連( 209 )
2015-17 機材整理 その7:Lomography Experimental Lens Kit Part1
2015-16 機材整理 その6では「2015年に導入したマイクロフォーサーズの暗い単焦点レンズがまだあるのです(フフフ)」と意味深な文面で終えていました。
単焦点といえば明るいレンズばかりなのに、ボディキャップレンズ以外に暗いレンズって??? と思われるむきもあるかもしれませんが、そこで登場するのがこのLomography Experimental Lens Kit。

あのトイカメラで有名なLomographyが出しているマイクロフォーサーズ用の単焦点レンズ 3本セットです。
2013年10月に発売されてから注目していたところ、2015年3月のセール時に入手した次第。
これで売り切って絶版になるかも、という危機感もあり導入に踏み切ったのですが、現時点でも販売してます(笑)

ただ、E-M1を持ち出す本気モードの際に使うようなこともなく、防湿庫に眠っていました。
ところが、ゆる〜く使うGM1だと、まっ、使ってみるか、と登場の機会も出てくるわけです。
(これを生かしたいがためにGM1を導入した、という説<いいわけ>も ^^;)

で、この 3本のレンズは以下の通り。

Fisheye Lens 160° F8
Wide-Angle Lens 12mm F8
Standard Lens 24mm F8

3本ともプラスチックレンズで、鏡胴とマウント面はともに軟質の樹脂製でレンズシャッターがついています。
このため、ボディ側でバルブにしておけば、Lomographyのメルマガやサイトでよく目にする多重露光写真が気軽に撮れます。
ただ、GM1には多重露光の機能があるので、どちらがよいか微妙なところではあります。
また、マウント面に付属のカラーフィルターを差し込むフォルダーがあり、色合いを変えて遊ぶ、といったこともできます。
詳細はこちら(Lomographyのサイトに移動します)

今回はレンズそのものをE-M1で撮影した写真を掲載します。

まずはレンズ3本まとめて。
レンズの上の方にある丸い金属製の部品がレンズシャッターのレバー、右側に見える大きい三角のレバーを切り替えることでレンズシャッターの有効無効を設定します。
左側の小さい三角のレバーはレンズシャッターのシャッタースピードの切り替え用で、バルブと1/100秒のいずれかを選択できます。
d0087407_13490913.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1, M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO, 14mm(35mm換算 28mm), F8.0, 1/8秒, ISO1600, FastStone Image Viewer 5.5 (リサイズのみ)


それぞれGM1に装着したところを
[PR]
by ohkujiraT | 2016-01-12 01:12 | 機材関連 | Comments(2)
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO 発表
今週、ラスベガスで開催されているCES(Consumer Electronics Show)にあわせて、待望の、ともいうべきM.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO(以下「MZD 300」)が発表されました。

「世界最強6段の補正性能を誇る5軸シンクロ手ぶれ補正」
「オリンパス史上最高レベルの解像力」
「840mmの超望遠手持ち撮影」(テレコンのMC-14を組み合わせたときの35mm判換算で840mm)

といった宣伝文句が踊っていました。

「5軸シンクロ手ぶれ補正」はWebで手ぶれ補正の解説動画を見たところ、レンズ側で補正しきれない"ぶれ"が発生した場合、センサー側が動いて補正効果を最大化するものと理解しました。
ただ、実際には、レンズ側補正が限界を超えてからセンサー側補正が動くのではなく、常時両者が連携して補正していると推測しています。
振り切るまで動くと反対方向の補正に行くのに時間がかかるので、それぞれ中間くらいまでで連携して補正する方が効果的と思われるためです。
それにしても6段分の補正効果は大したものです。当初の発表ではレンズ側の手ぶれ補正は言及されておらず、モックアップにも手ぶれ補正の切り替えレバーはなかったので、開発発表時には予定していなかったかもしれません。
技術開発が進んで使える見込みができたので、発売時期がずらしてでも搭載したのでしょう。(もしくは隠し玉にしたのかも)

海野和男さんの小諸日記にアップが始まった記事でも手ぶれ補正効果をかなり高く評価されてます。
アップされている写真のシャッタースピードも、標準レンズような1/40とか1/80、はては1/10(しかもMC-14付)まで、限界を試されようとしていたこともありますが、補正効果は凄いようです。

「オリンパス史上最高レベルの解像力」は、製品説明のページに記載されていた文言で、かのZUIKO DIGITALの最高峰グレードのSHG(スーパーハイグレード)と同等クラスか、と思う程度ですが、プレスリリースでは「 スーパーハイグレードレンズを超えるオリンパス史上最高の解像力」とあり、「ぼく1番です」と言い切ってました ^_^
そのレベルどうしの比較になると、大きなサイズのプリントで見ないと違いがわからん、というところもありますが、海野さんの写真やネット上のサンプルを見る限りでは非常にいいですね。

とても楽しみなレンズではありますが、性能が高い分、そのお値段もよろしいようで、希望小売価格は税込みで399,600円!! とても買えまっしぇ~ん。

念のため、オリンパスのオンラインショップでシミュレーションした結果は下記でした。
希望小売価格から14万円も安くなるので、なんか買えそうな錯覚が…

希望小売価格399,600円 
通常価格319,680円20% Off
プレミア会員価格303,696円5% Off
ポイント15%分45,554円15% 分
ポイント適用後258,142円 

しかも、オリンパスのメルマガでやってきた「おみくじ」でも5,000ポイントしかあたらず、ポイント15%分はありません ^^;
真面目に考えると、今年は年内に出てくると期待されるE-M1 MarkⅡが最優先なので、焦点距離 300mm(35mm判換算600mm)以上はめったに使わないよね、と言い聞かせて見送ることにします ^_^;

どうしてもその焦点距離が必要なときには、防湿庫でかなりの体積占めて鎮座するZUIKO DIGITAL ED 150mm F2.0にEC-20を装着して、300mm F4を気取ることにします ^_^

[PR]
by ohkujiraT | 2016-01-09 01:09 | 機材関連 | Comments(4)
2015-17 機材整理 その6:LUMIX DMC-GM1 Part5 ~BCL-0980 Fisheye~
LUMIX DMC-GM1で撮影した写真の4回目。
前回のボディキャップレンズBCL-1580に続き、BCL-0980 Fisheyeを装着して撮影した写真です。

フィッシュアイレンズといえば興味はあるのですが、利用頻度を考えるとなかなか手を伸ばしづらいレンズです。
そんなところに出てきたのがボディキャップレンズ。実売で1万円を切っているので、お試しレンズとして使うにはいいところついてます。
暗いレンズではあるのですが、室内を広く撮影したい時に活躍してくれてます。
と言いながら、今回の撮影場所は薄曇り屋外。ハーベストの丘です。

ニワトリにこれでもかとにじり寄って撮影してます。
人に慣れているの全く逃げようともしません。
d0087407_21402275.jpg
Panasonic LUMIX DMC-GM1, OLYMPUS BCL-0980 Fisheye, 9mm(35mm換算 18mm), F8.0, 1/125秒, ISO320, FastStone Image Viewer 5.5(リサイズのみ)


あと4枚あります
[PR]
by ohkujiraT | 2016-01-08 01:08 | 機材関連 | Comments(0)
2015-17 機材整理 その5:LUMIX DMC-GM1 Part4 ~BCL-1580~
LUMIX DMC-GM1で撮影した写真の3回目。
今回から手持ちの単焦点「レンズ」が続きます。

まず今回は、オリンパスの分類ではレンズではなくアクセサリー扱いのボディキャップレンズの第1弾 BCL-1580 を装着して撮影した写真です。
BCL-1580 は型番の通り15㎜ F8.0の単焦点レンズで、オリンパスのWebで「3群3枚のオールガラスのレンズ構成 」と謳われているだけあって、その値段や外観とは裏腹にけっこうよく写ります。

紅葉が進むナンキンハゼ。
d0087407_21344388.jpg
Panasonic LUMIX DMC-GM1, OLYMPUS BCL-1580, 15mm(35mm換算 18mm), F8.0, 1/640秒, ISO200, FastStone Image Viewer 5.5(リサイズのみ)


あと4枚あります
[PR]
by ohkujiraT | 2016-01-03 01:03 | 機材関連 | Comments(2)
2015-17 機材整理 その4:LUMIX DMC-GM1 Part3
LUMIX DMC-GM1(以下「GM1」で撮影した写真の2回目。
泊りで出かけた先で撮影したもの。さてどこでしょうか ^^

前回と同じく、GM1とキットレンズであるLUMIX G VARIO 12-32mm F3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S.で撮影したもので、リサイズのみのJPEG撮って出しです。

深夜の道路に浮かびあがるお店にひかれました。
d0087407_23500452.jpg
Panasonic LUMIX DMC-GM1, LUMIX G VARIO 12-32mm F3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S., 29mm(35mm換算 58mm), F5.5, 1/40秒, ISO1600, FastStone Image Viewer 5.5(リサイズのみ)


あと4枚あります
[PR]
by ohkujiraT | 2015-12-30 20:30 | 機材関連 | Comments(0)
2015-17 機材整理 その3:LUMIX DMC-GM1 Part2
LUMIX DMC-GM1(以下「GM1」で撮影した写真の1回目。
近所の散歩や出歩いた先で撮影した写真です。

写真は全て、GM1とキットレンズであるLUMIX G VARIO 12-32mm / F3.5-5.6 ASPH. / MEGA O.I.S.で撮影したもので、リサイズのみのJPEG撮って出しです。

近所の公園の落ち葉。
木漏れ日が当たっているところを。
d0087407_23384794.jpg
Panasonic LUMIX DMC-GM1, LUMIX G VARIO 12-32mm / F3.5-5.6 ASPH. / MEGA O.I.S., 28mm(35mm換算 56mm), F6.3, 1/125秒, ISO200, FastStone Image Viewer 5.5(リサイズのみ)


あと5枚あります
[PR]
by ohkujiraT | 2015-12-29 21:29 | 機材関連 | Comments(0)
2015-17 機材整理 その2:LUMIX DMC-GM1 Part1
一番最近入れたのがこれで、これが前後の物欲のタネにもなってるので最初に掲載しておきます。

LUMIX DMC-GM1(以下「GM1」)

その名の通り、昨年出たマイナーチェンジした2代目「LUMIX DMC-GM1S」でなく、無印の初代モデルです。
2代目もモデル末期のせいか、新品でも無印の中古でもさほど値段は変わらなかったのですが、 ブラックが欲しかったので、ブラックの設定がある初代モデルを中古で購入しました。(私が使用する範囲では機能的には両モデルには差異がほぼないこともあり)
実のところ、シルバーのレンズでなく、ブラックのレンズにしたかったから、というのが正確なところです。
これはE-M1ともレンズを共用することを考えるとシルバーよりブラックの方が好ましいこと、なんといっても、パナソニックのシルバーとブラックを並べると、個人的にはブラックの方がカッコよく見える、ということによります。
2代目の鮮やかなブルーボディにも非常に惹かれたのですが、2台はいらないのでしかたがないですね。

今回の導入は普段持ち歩き用のOLYMPUS XZ-1の更新で、「OLYMPUS OM-D E-M10 MarkⅡ を触ってきました!!」に記載した通りになりました。

だんじり祭以降、本格的に写真を撮りに行くことがないので、最近はもっぱらGM1を持ち出してます。
気軽に行きたい時に身軽に持ち出せるのはいいな、と実感してます ^_^
このため、GM1にあうレンズが欲しくなってます。

それで、ネットで記事や口コミを読んだり、実物を見た結果、下記の3本をリストアップしました。

1. LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH. (以下「DG 15」)
2. LUMIX G 42.5mm F1.7 ASPH. POWER O.I.S. (同「G 42.5」)
3. LUMIX G VARIO 35-100mm F4.0-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.(同「G 35-100」)

小型のミラーレスといえば、小型の明るい単焦点と相場が決まってます (^^;;
OLYMPUS PEN E-P1を導入した時も、メインはLUMIX G 20mm / F1.7 ASPH.(初代)でした。
そして、現在ではオリンパス、パナソニック取り混ぜて、多くの明るい単焦点が発売されてます。

数あるマイクロフォーサーズレンズの中で、この2本の単焦点をリストアップしたのは、広角〜標準域と中望遠域で、それぞれGM1にも似合うのはこの2本だったこと、比較的新しいレンズなので、描写やAF性能も良好だろう、という期待によります。
また、G 35-100は、GM1だけで持ち出す機会が増えそうなので、望遠ズームもあった方が良いだろう、という判断です。
望遠ズームレンズも多数ありますが、GM1の世界感からすると、これしかないですね。

これらの3本が揃うと、ちょっとした旅行に持って行っても大抵の場合カバーできそうです。
GM1本体とレンズ4本合わせても、たったの664g程度です。
M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PROが三脚座を除いても760gあることを考えると、ずいぶん軽いです。

ただ、一度に全部は買えないので、その順番が悩ましい。(いずれE-M1 MarkⅡ もでてくるので)
飲みに行った帰りに撮るようなことを考えると DG 15mm、キットレンズの LUMIX G VARIO 12-32mm F3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S.
(以下「G 12-32」とのバランスでまず1本となるとG 42.5mm、気軽な旅行用だとG 35-100mm、う〜ん。

ま、中古の出ものと新品の値下がり具合で決まってくるかと。
暗い単焦点「レンズ」は数本あるので、明るいのが揃うまでは、それで遊ぶことにします ^_^

それでは今回は外観写真のみで。
撮影した写真は次回から何度かにわけて掲載します。


外観写真はここをクリック!!
[PR]
by ohkujiraT | 2015-12-28 22:28 | 機材関連 | Comments(2)
2015-17 機材整理 その1:承前 ~2013年から2014年~
2011年~2012年にかけて、8回連載した機材整理シリーズ。
その後、記事更新頻度がガクッと落ちたこともあり、いまなお当ブログの記事ランキングのトップ10にいくつか顔をだしています。

ここ最近物欲が上がってきたこと、メインの機材以外は古くなってきたこともあり、再び機材整理を考え始めました。
既に入れたもの、欲しいなぁと思っているものを取り混ぜて、2015~2016の機材整理を書き連ねていきたいと思います。

その前に2013年から2014年までの動きを記載しておきます。
といっても、2011年~2012年に比較すると機材整理もおとなしいもので、2013年にE-M1、M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO(以下「MZD 12-40 PRO」)、2014年にM.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(以下「MZD 40-150 PRO」)、MC-14を導入し、ボディに関してはマイクロフォーサーズに、レンズはフォーサーズとマイクロフォーサーズの併用に移行しました。
新品購入で単価も安くはないので、他の機材に手を出す余裕がなかった、というのが実態ですね ^^;

ボディに関しては、E-5はだんじり祭で2台持ち時の利用くらいで、2016年にも出てくるであろうE-M1 MarkⅡを導入することで、予備役入りとなります。
レンズに関しては、ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD、ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWDとも、MZD 12-40 PRO、MZD 40-150 PRO よりも望遠側が長く、重さを除くと使い勝手がよいため、利用頻度は比較的高いといえます。
とはいえ、年々「軽さは正義」の比重が増してきているので、その地位も揺らいでくることになるでしょう ^^;

そして、2015年に入ると、写真がもあまり撮りにいくことができず、ブログも更新できない、といったストレスもあり(笑)、1月頃からポロポロと安めの機材を導入していったのであります。(ブログにはでてませんが・・・)

それは次回以降に ^_^

写真はE-M1、MZD 12-40 PROで撮影した残波岬の夕焼け空。
d0087407_16311354.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1, M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO, 16mm(35mm換算 32mm), F3.2, 1/100秒, ISO200, SILKYPIX Developer Studio Pro 5

[PR]
by ohkujiraT | 2015-12-27 22:27 | 機材関連 | Comments(0)
OLYMPUS OM-D E-M10 MarkⅡ を触ってきました!!
前回の更新が桜で、今回は夏も終盤に差し掛かったこの時期にようやく更新です。
多忙な時期はなかなか終わってくれません。

さて、先週、OLYMPUS OM-Dシリーズのエントリーモデルである、E-M10 MarkⅡが発表されました。
上位モデルのE-M1やE-M5と同じく手振れ補正が3軸補正から5軸補正に換装、EVFが144万ドットから236万ドットと高精細化、金属外装などなど、地味な変化と噂されていた割には結構な進化です。

それで、オリンパスプラザ大阪に先行展示されていると聞きつけ、昨日、触りにいってきました。
これも、休日出勤で大阪市内に行ってたからなのですが(爆)

ブラックボディとシルバーボディが並んで展示されていました。
シルバーはグリップ付で。
OLYMPUS XZ-1, i.ZUIKO DIGITAL ED 6-24mm F1.8-2.5, 6mm(35mm換算 28mm), F1.8, 1/60秒, ISO160, SILKYPIX Developer Studio Pro 5


続きあります
[PR]
by ohkujiraT | 2015-08-30 16:28 | 機材関連 | Comments(5)
OLYMPUS OM-D E-M1登場 (実機見た後 v^^)
ということで、昨日、オリンパスプラザ大阪でOM-D EM-1をこの手に取ってきました。

パッと見の印象はネットで見た製品画像に比べていいです(イマイチだなぁ、と思っていただけに ^^;)。
ギュッと凝縮したメカという感じです。
そして、グリップを握った感触は、これはよかったです。E-5に比べると細いのですが、しっかり握れます。
画像では、バランスを欠いたように(とってつけたように)見えるグリップも、実際に握ると印象が変わりますよ。
たまたまバッテリーグリップ付の機体で、小指が余ることもなく、手全体で持つことができたからかもしれません。
また、各種ボタン、ダイヤルの感触や位置は、バッテリグリップでの縦位置撮影時含めて良好でした。

今回は、私の利用環境に合わせて、主にアダプター経由でフォーサーズレンズを装着した時の動作を試してみました。
試したレンズは、下の3本+α。展示されていたE-M1は製品版ではないため、改善される部分もあるとのこと。
なお、アダプターは、シルバーだったのでMMF-1だったと思われます。

●ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD(以下「ZD12-60」)
●ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD(以下「ZD50-200」)
●ZUIKO DIGITAL ED 150mm F2.0 + EC-14(以下「ZD150+EC-14」、単体は「ZD150」)

◆アダプター経由の剛性

ネット上のコメントにアダプター経由だと重たいレンズを装着すると撓む(レンズがお辞儀する)という書き込みがあり、ZD50-200やZD150といった重たいレンズが主体の私にはとても気になっていました。
そこで、上記のレンズをつけて、ボディだけを持って、レンズの重みでお辞儀するかどうか試してみました。
ところが、いずれの場合も目に見えて撓むようなこともなく、比較的しっかりしていたので、おかしいなぁ、と思っていました。
そんな時、ナイスタイミングで のぶっちさん から昨日の記事にコメントをいただきました。
「MMF-1持たれているのなら、雨天以外はそちらを使うべきです。間違いなくMMF-3とは造りが違います。」ということで、疑問が解消しました。(のぶっちさん、感謝です!!)
ただ、なぜより新しくて防塵防滴のMMF-3の剛性が劣るような結果になるのかは謎です(私自身はMMF-3経由レンズを装着したところは見えていないので、どの程度撓むのかはわかりませんが)
また、MMF-1が使えるとしても、雨風の日には使えないので、その点は困りものですね。
予約特典のMMF-3は密かに改善されていたりして…^^;
加えて、実際の利用状況を鑑みると、ストラップはブラックラピッドなので、ZD50-200もZD150の利用時は三脚座が接続点となるので、ほとんどの場合は問題にはならないような気はします。

◆S-AF

オリンパスプラザ内、あるいは、扉の向こうに見える外側だけが撮影対象なので、限定された条件ですが、ZD12-60、ZD50-200の両SWDレンズも十分使い物になります。
ただ、E-5+SWDレンズのように、ピントが合うときはスパッと合うような印象はないので、それを経験していると「もうちょっと」と思うかもしれません。
一方、ZD150+EC-14の場合はAFに迷いが見られました。ピントを探しているような動作をしたり、ピントが合っているように見えた時にレリーズボタンを押しこんでもシャッターがきれなかったりしました(ピント優先の設定だったのかも)。
このため、テレコンバーターを使用する際には注意が必要かもしれません。ただし、最初に記載した通り、製品版ではないので、発売時には改善されている可能性もあります。
また、ZD150単体やZD50-200+EC-14では試していないので、それぞれでの動作は不明ですが、ネット上の情報を見る限り、「F2.0クラスのレンズはE-5比で合焦速度が速くなる」らしいので、ZD150単体は問題ないと推測されます。
一方、ZD50-200+EC-14はAFに迷いが生じる可能性はありますね。
EC-14は多用するので、この点も困りものです。

◆C-AF

私がC-AFを使うとすると、主に向こうから走ってくる被写体(徒競争、だんじり)を撮ることがほとんどです。
しかし、オリンパスプラザ内ではそんな都合よく動いてくれるものはありません。
それで、自分がその場で回転して遠近それぞれの被写体にピントが合ってくれるか試しました(ZD12-60で)。
比較的ゆっくり動く限りは順次合焦しているように見えましたが、実際に撮ってみないことにはわからないですね。
ということで、これに関しては評価できずでした。

◆結論でもありませんが…

今回の手に取った感触や使い勝手、ネット上で拝見する画像、カタログに掲載された写真を拝見する限りでは、私の使用(主に昼でたまに夜)には十分と思われます。
また、グリップやボタン、ダイヤルの感触は上々で、とてもよくできているように思いました。
この点は触ってみたいとわからなかっただけに評価がかなり上がりました。

ただ、フォーサーズレンズの使用は製品版でないからかもしれませんが、まだ改善の余地が見られます。
(マイクロフォーサーズの)製品として、とてもいいものに仕上がっているだけに、フォーサーズレンズをメインに使用している私にはとても悩ましいです。(触るまでは半ば見送ってもいいかな、と思っていただけに…)

視点を変えて、E-5でなく併用しているE-620の後継機と考えると、ちょうどいいかもしれません(「フラッグシップじゃないじゃん」、とか、「お値段が… 」というのはさておき ^^;)。
気軽に持ち出せて、気合を入れる時にはバッテリーグリップを付けて重たいレンズを装着する。
しかも、E-620より画質はずっといい。おまけに、マイクロフォーサーズレンズも使える(あ、逆か ^^;)

う~ん、と悩んでいる間にもオリンパスオンラインショップと提携してポイントが貯まるサイトを探したりしてます。
楽天Edyもらえるモール」(2.5%ポイント付与)経由で購入すれば、多少たまっている楽天ポイントとあわせて楽天に出店しているカメラショップで予備バッテリーやバッテリーグリップを買うこともできそうです。

はてさてどうしたものか…
[PR]
by ohkujiraT | 2013-09-15 21:09 | 機材関連 | Comments(7)