E-30のカタログ
プリンタのインクを買いにヨドバシカメラに行ったところ、E-30のカタログを発見! 12/8にPDFでも公開されていたリリー・フランキーさんと宮崎あおいさんがフィーチャされたカタログでした。早速いただいて、帰りの電車でパラパラと。

最初のページを開くと「LIFE IS LIVE LIFE IS ART」とキャッチコピーが大書され、背景にはアスペクト比16:9で撮影された、縁側に座るリリー・フランキーさんとしばらくぶりに実家に帰ってきたという風の宮崎あおいさん。
そう、E-30とアート・フィルターとマルチ・アスペクトが前面に押し出されたカタログでした。用意されているアート・フィルターとアスペクトを組み合わせた写真が収められておりました。

正直なところ、「アート・フィルターやマルチ・アスペクトの作業は現像の時にPCでやればいいやん」、という考えなので、「ふ~ん」と思いながら眺めておりました。が、実際に印刷されたものを見ると印象が違うもので、「6:6のデイドリームはいいなぁ」、とか、「横位置だと3:2はおさまりがいいなぁ、でも16:9もいいぞ」とか、「狙って撮ったラフモノクロームはカッコいいかも」などと思いなおしたのでした。

現実の撮影場面でコロコロ設定を変えて撮影するかは???ですが、気にいったアートフィルターやアスペクト比を使って、「今日はこれでいこう」と撮影に出かけるのも楽しいかもしれない、と考えを改めるのでした(単純^_^;)。

実際のところ、そう思わせるカタログでしたよ。機会があれば印刷したカタログをご覧あれ \^_^
[PR]
by ohkujiraT | 2008-12-12 11:59 | 機材関連 | Comments(6)
Commented by mokonotabibito at 2008-12-13 17:52
へえ、さっそくカタログをもらいに行ってきますね。
E-30は、微妙ですが、お金に余裕があったら欲しいですね。
アートフィルターを、現像・レタッチでするのもいいですが、撮影時に狙って撮るのも面白いものですね。
いずれにしても写真表現を広げる可能性がありますので、私は歓迎派です。
Commented by ohkujiraT at 2008-12-13 20:14
mokonotabibitoさん、こんばんは。
写真表現を広げるのは間違いないですね。少なくともワンパターン化している自分を無理やり違う世界に持って行ってくれるかもしれない、と思いました。
とはいえ、E-30は見送りで、マイクロフォーサーズやE-3後継機の情報待ちですね。
Commented by amselchen at 2008-12-13 22:16
こんにちは。見送りとはいわれながらも、ひょっと魔が差して逝ってしまわれるかも、むふふ
でもまあ買う気はなくてもカタログを眺めるのは愉しいもんですわね。
Commented by tin_box at 2008-12-13 22:19
そうなんですねぇ。
私も現場では、いろいろいじったりしないと思ってはいましたが。
振り返ってみれば、フィルム機とデジの両方を持ち出しているのは、それに近かったのです。
私の場合ですが。
Commented by ohkujiraT at 2008-12-14 01:13
amselchenさん、こんばんは。
魔が差すといけないので、フォトフェスタ会場には足を向けないようにしております。いままで幾度となく背中を押されておりますので^_^
それはさておき、今回のカタログは押しのポイントを訴えかけるいいカタログだと思いますよ。
Commented by ohkujiraT at 2008-12-14 01:18
tin_boxさん、こんばんは。
私も撮りはじめたら、絞りやシャッタースピード以外は気にしない(余裕がないのか)こともあり、否定的だったのですが、「今日はパンケーキでいってみよう」、というのと同じノリかな、と思いあたりました。
であれば、デジタルでできる新しい愉しみとしてアリだなぁ~、と。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< ありがとうござます!! 累計訪... 太宰府一本勝負! その1:な... >>