それではマイクロフォーサーズ機をいつ何を導入するか
昨日今日と嫁さんの実家に行っていた関係で、携帯電話からしかインターネットにアクセスできず、「ズイコー-フォーサーズ あれこれ」をはじめとするWebを巡回してLUMIX G1関係の情報を集めてました。

いろいろな情報に接するにつれ、ポジティブな面が強くなってきました。

EVF(ビューファインダー)は業務用機材の現時点でも最高クラス?の部材を使っていること。
E-3の光学ファインダーと比較してどうなのか、早く実機を覗いてみたいです。このEVFの出来がいいかどうかがマイクロフォーサーズ導入の最大の判断材料になります。

レンズはコンパクトかつ当面使うのに必要十分な範囲で用意されており、コストパフォーマンスもよさそう。
LUMIX G 7-14mmとZD 9-18mm、正直迷ってます。9-18mmは間違いなく買うはずでした。が、E-3とマイクロフォーサーズの分担を考えると、E-3は望遠側になる(強力な手ぶれ補正、レンズ資産あり)ので、マイクロフォーサーズは広角側… となると、ZD 9-18mmの出番があまりなさそうに思えてきました。E-3+ZD 9-18mmで、この秋の風景を撮りたい、という思いもありますが、乏しい予算をどう振り向けるかを考えると、難しい判断を迫られそうです。
LUMIX G 14-140mmは、Leica D 14-150mmの評判がいいことから期待の一本です。HD動画撮影時のAF可能ということもあり、HD動画対応機を導入したら、基本はこの一本かな、と思ってます(これでFinePix S9000に隠居してもらえます)。また、EX光学ズーム(G1は最大2倍)で、2倍時は300万画素になるとはいえ、35mm換算で560mmまで単体で撮影可能なのも魅力です。
20mm/F1.7パンケーキは、優先順位こそ先の2本に譲りますが、レンジファインダー型(こちらはオリンパスかな)とセットで楽しめそうです。

HD動画対応機は仮にオリンパスから出ても、パナソニック製を導入する可能性が高いです(尖った機能が私の心にヒットすれば別→これがけっこう大きな要因になります、そして、オリンパスはよくこれをやってくれます^_^)。
一般の動画に関しては、業務用機材を作っているパナソニックに一日の長があるのではないか、と思い込みが主な要因です。もちろん、オリンパスは胃カメラのシェアNo.1なので、動画に関する技術もあると思います。実際、人間ドックでオリンパスの胃カメラの画像を見た限り(対象は私の胃壁^_^;)、クリアな動画でした(胃壁もきれいでした<ほっ>)。あと、家のTVがVIERAなので撮ったらそのままSDカードをスロットに差し込むだけで見れるのが便利、ということもあり(ただ、フルHDではないのがイタイ )。

G1に関しては、下の記事にも書いた通り、来春に出るのが決まっているHD動画対応機が欲しいこと、動画を重視しないE-3のサブ用であれば、レンジファインダー型が欲しい、という理由で見送りに変わりはありません(ターゲット層でないこともあり^_^;)。
そうなるとマイクロフォーサーズはいずれボディ2台ということに…(爆)
一方、E-430導入は霞んできました(それはそれで惜しい、その差は動画のところだけなのですが→保育園の行事ごとでは1台で両方こなせると便利なので)。

とウダウダ書きましたが、G1のファインダーを覗いて満足して(そう期待してます)から、来春のHD動画対応機に向けて予算を確保していく、ということになりそうです。
でもZD 9-18mmのお値段次第では、後先考えず買ってしまうかもしれませんが(笑)

マイクロフォーサーズの曙ということで、二上山の南側に広がった曙光。
d0087407_23365492.jpg
OLYMPUS E-3, ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5, 54mm(35mm換算 108mm), F7.1, 1/500秒, ISO250, SILKYPIX Developer Studio 3.0

ちなみに、曙光の意味はInfoseekの国語辞典によると
---
しょこう ―くわう 0 【▼曙光】
(1)夜明け方、東の空に見える光。暁光。
(2)暗い状況の中に現れてきたわずかの希望。明るいきざし。
「平和の―がさす」
---
ということで、フォーサーズ陣営にはいい流れ…? ^_^;
[PR]
by ohkujiraT | 2008-09-14 23:47 | 機材関連 | Comments(4)
Commented by amselchen at 2008-09-15 05:20
こんにちは。発表時には期待はずれの失望感が強かったのですが、だんだん慣れてきたのか、そんな悪いスタイルじゃないな、と思うようになりました。アブネー(苦笑)。
で、ご指摘のとおりEVFのでき次第で購入するかどうかを判断すると思います。する、としてもすぐにではなく、LeicaMマウントが市場に出てきてから、ということになりましょうか。わたしの関心はとりあえずMF用のピントあわせに便利なEVFかどうかに集中しているからです。はたしてそれまで待てるかどうか、怪しいものですが・・・(再苦笑)。
Commented by kyoncci at 2008-09-15 09:42
パナとオリンパス、いい組み合わせですね♪
(実は私のコンデジはオリンパスから始まりました。オリ→フジ→オリ→パナFX01→パナLX-3です。もっと遡ると中学時代に母からもらったオリンパスペンのハーフサイズが、私とカメラの出会いでした♪
今はわけ合って(笑)他社のカメラを使っていますが、基本的にオリンパスファンです。
がんばれ~!!
Commented by ohkujiraT at 2008-09-15 22:07
amselchenさん、こんばんは。
EVFばっかりは、自分で見て許容できるか判断したいので、早く実物が見たいですね。
通勤ルートから外れるパナソニックのショールームに行く暇もなさそうなので、ヨドバシ梅田に展示機がやってくるのを気長に待つことになりそうです。
マウントアダプターは、各種出てくるのではないかと期待しています(たぶん期待している人も多くて売れるのではないかと)。
Commented by ohkujiraT at 2008-09-15 22:14
kyoncciさん、こんばんは。
パナはFZ1を購入して以来、新しいコンデジ導入には候補として挙がってきました(LC1、FZ30)。LC1でなく、オリンパスのC-5060を導入してから私のオリンパス人生が始まったといえます(ちなみにFZ30はFinePix S9000に敗れ、S9000に満足できず、デジタル一眼レフへ…)。
パナ、オリどちらでもフォーサーズに行きつくところが運命的なところを感じます^_^
フィルムはオリンパスのOZ-120だったので、最初からオリンパス道だったのかもしれません(爆)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< Panasonic LUMIX... マイクロフォーサーズ初号機 P... >>