Canon EOS 40D、Nikon D300 発表
月曜日にキヤノンからEOS 40D、今日、ニコンからD300と、E-3の競合とオリンパスが目している機種が発表されました。それで、この2機種とE-3のもれ聞こえる機能を比較するとどうなるんだろうかと興味がわき、先日ネット上に流出していたオリンパス・ヨーロッパ?のビジネスミーティング資料に記載のE-3のわかる範囲のスペックと発表された40DD300の仕様表から抜粋して比較表を作成してみました。

※液晶モニターの画素数の記載ですが、D300は「92万画素」と記載しましたが、仕様表には「約92万ドット(VGA)」と記載されています。VGAであれば、640×480で約30万画素になります。

約92万ドットとは、ペンちゃんさんのコメントにあるRGB各1ドットで1画素、すなわち、640×480×3(R・G・B)=921,600 で出てくる数字です。(うーんややこしい)

さらに、幸之介さんのコメントで、「23万画素」も同じ計算、すなわち、320×240×3(R・G・B)=230,400 になる、というご指摘がありました。同じレベルで比較すると、約7.7万画素と約30万画素ということになります。

ということで同じレベルの比較になるよう、また、慣習上の記載+計算式でわかりやすくなるよう、さらに表を修正しました。

panさん、ペンちゃんさん、幸之介さんご指摘ありがとうございました。

また、誤解の原因がわかりました。Juanlogさんのブログからの引用です。
---
液晶モニタの1画素(ピクセル)は、RGB三色の長方形が並んで一つの正方形を形作っている。それに対し、一般的なデジカメのイメージセンサは、一画素で三原色すべてを記録するようにはなっておらず、一画素1色になっている。RGB三色それぞれに感じる画素を市松模様に並べているのだ。
---

液晶モニタと撮像素子では画素構造と数え方が違うところに混乱の要因があるわけですね。ということは、本来的には、23万画素、92万画素ではなく、その1/3である 76,800画素、204,800画素と記載するんが正確になのかもしれませんね。
ま、滑らかにきれいに見えれば、何十万画素でもよいのですが。


d0087407_21514548.jpg


比較表を見てみて、40Dは満足のいくスペックのものを安めの価格で提供してターゲットの団塊の世代を幅広く取り込もうという戦略で、D300は高スペックで少し頑張れば手が届きそう、という価格設定で「やっぱりニコンはいいよね」といわせてお金のある団塊の世代をとりこもういう戦略でしょうか。考え方の違いがあって面白いですね。

さて、まだ見ぬE-3は、実際にはどうなんでしょう?早く発表して欲しいですね。
[PR]
by ohkujiraT | 2007-08-23 21:55 | 機材関連 | Comments(12)
Commented by pan at 2007-08-24 00:24 x
D300のモニタですが、VGA92万ドットとのことですので、約30万画素ということになると思います。
Commented by ohkujiraT at 2007-08-24 00:33
panさん、ご指摘ありがとうございます。
たしかにVGAだったら約30万画素ですね。92万ドットって、変な書き方だなぁ、と思っていたのですが、勘違いしてしまいました。
Commented by 余花 at 2007-08-24 14:50 x
なにかと、次期E-3に関心があるものです。
スペックの比較分かりやすくて参考になりました。
ありがとうございます。

お写真も拝見しました。
綺麗だなぁ。っと思える写真が多くて
また見に来ようと思いました。
これからも楽しみにしてます。
Commented by ペンちゃん at 2007-08-24 19:14 x
液晶ディスプレーの場合、RGB1ドットずつのセットで1画素と表示していますから、ベイヤー配列の撮像素子とは画素の数え方が違うんですよね。
Commented by ohkujiraT at 2007-08-24 20:59
余花さん、こんばんは。
どういたしまして!
流出資料で比較対象にされていたので、なおさら機能比較が気になって作ってしまいました。
E-3も発表されれば不明の部分も埋まっていくんですが… 楽しみにしましょう。
Commented by ohkujiraT at 2007-08-24 21:05
ペンちゃんさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
>RGB1ドットずつのセットで1画素と表示
この部分の理解が足りませんでした。素直に30万画素と書いてくれればわかりやすかったのですが… とはいえひとつ知識が増えました。
Commented by ロベルト(t-oku) at 2007-08-25 02:48 x
はじめまして。E-systemを使っているものです。
hiro_sakaeさんのところからリンク見て来ました。
40D、D300ともspec斜め読みだったのでボンヤリとしか理解していませんでしたが、こういう表はわかりやすくていいですね。
キヤノン・ニコンの標準価格の考え方、実に個性が出ていて興味深いです。ま、ニコンはD40で価格競争をしているので、このクラスではステイタス重視なのかも知れませんね。
それにしても..51点測距は..ファインダーがごちゃごちゃになりかねないわけで、どうまとめているのか興味があります。
Commented by ohkujiraT at 2007-08-25 06:21
ロベルト(t-oku) さん、おはようございます。
それぞれの発表を見ていた時は、へぇ~、という程度でしたが、並べてみると浮かび上がってくることもありますね。
デジカメジンの掲示板に書かれている方がいらっしゃいましたが、ニコンはD300をDXフォーマットの最高峰を目指す位置にもっていったのかもしれませんね。
いつもは中央1点の私にとっては、51点は想像がつかないですね~(僻みっぽいですね^^;)
Commented by ペンちゃん at 2007-08-26 00:38 x
ohkujiraTさん、こん**は。
像面の平面性が悪いレンズだと、ピント精度が悪くなることが多いんですけど、AFポイントを51点まで増やして、それぞれの精度を合わせることができるのか興味があります。
ところで、D3とD300って、同じAFセンサーを流用しているんでしょうかね。
もしそうだとすると、D3の方は画像中央にAFポイントがかたまってしまうことになりますけど、別物だとしても、テレセントリック性が犠牲になっているレンズの場合、周辺のAFポイントは精度不足になりますよね。
NIKONのD2xのユーザーでピントが正確に合わないと言うことでCANONのフルサイズに乗り換えた人もいるくらいですから、この辺の設計がどうなっているのか、興味津々です。
Commented by ohkujiraT at 2007-08-28 23:10
ペンちゃんさん、こんばんは。
実際のところ、51点のAFポイントをどう制御しているのか興味があります。現行のE-Systemの幅のない3点でも思ったところにあわなくて、通常は中央1点にしているので、思ったところにピントを合わせてくれるのだろうかと。そのあたりはオリンパスよりずっと蓄積があるでしょうから、うまく処理しているのかもしれませんが…
Commented by 幸之介 at 2007-08-29 02:22 x
いやいやいや、デジカメの背面液晶の画素数は、
どのメーカーも昔から3色分をかけた数字で表記するのが慣習です。
よくある23万画素というも、実際には320*240のQVGAに*3で23万画素という計算です。この誤解はかなり広まっているようですが、悪いのはメーカー各社ですね。
Commented by ohkujiraT at 2007-08-29 22:17
幸之介さん、こんばんは。
情報ありがとうございます。うむむむ… そういうことですか。
公平に記載するとなると、92万画素ということになりますね。そうなるとニコンの仕様表にある「約92万ドット(VGA)」というのは比較的正直な記載になりますね。ただ、「×3」がわかってないと92万ドットとVGAが理解できないですが…

しかひ、QVGAとVGAだと相当差がありますね。D300は値段が高い分、パーツも奢ってますね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 2-3日 不通となります 天野山 金剛寺 その1:楼門 >>