E-330のない日々とSIGMAの望遠レンズ
メーカー保証切れになる前に気になるところ見てもらうため、E-330をオリンパスに送ったことは少し前に書きました。3週間くらいかかるといわれていて、かれこれ10日ほどたっています。その間、土日が2回やってきたのですが、今ひとつ撮影する意欲が湧かない。
他に用事があるというのもあるのですが、CAMEDIA C-5050ZやC-5060WZは手元にあるので、朝から散歩がてら梅園に撮りに行ったりする時間くらいはあります。気合を入れるときはデジタル一眼、と気持ちがそうなってしまったのかもしれません。

そして、SIGMAからフォーサーズ用の望遠ズームレンズが2本発表されました。APO 135-400mm F4.5-5.6 DG APO 300-800mm F5.6 EX DG HSM の2本です。フォーサーズだと、焦点距離が35mm換算だと2倍になるので、270-800mm、600-1600mmという超望遠となります。APO 300-800mm F5.6 EX DG HSM は実売が60万円オーバーなので、論外として、APO 135-400mm F4.5-5.6 DG の実売価格は、他のマウントの価格をみると、5万円台後半と手の届く範囲(気持ち的に)。

上二つは脈絡がないようですが、ここで登場するのが、SP-550UZ。これも実売価格は5万円台。となると、望遠の静止画撮影という部分で重なることになります。
動画、高速連写など、一眼にはできない他の使用目的もあることから、SP-550UZの方が使いでがあるのは間違いないのですが、撮影意欲の点ではAPO 135-400mm F4.5-5.6 DGが上回るとでしょう。

悩みがひとつ増えました…
[PR]
by ohkujiraT | 2007-02-26 23:42 | 機材関連 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< CAMEDIA SP-550U... 望月さん来阪(というか来日) >>