超望遠コンパクトデジカメ その1
海外のOLYMPUSから、超望遠コンパクトデジカメの最新機種「SP-550UZ」が発表されました。

既にスペックをご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、てんこ盛りです。コンパクトさ以外で私が必要とするスペックを満たしており、デジタル一眼レフのE-330導入以後、関心が薄れていたコンデジに久々に物欲がふつふつと…

主なところでは…

1. 28mmからの光学18倍ズーム(28-504mm/35mm換算)
2. 手ぶれ補正(CCDシフト)
3. 秒間15コマ撮影(1.2M Pixelになりますが、私の用途では問題なし)
4. 30fpsのVGA動画撮影

といったところ。

E-330も現在手持ちのレンズでは望遠は300mm(35mm換算)までで、鳥を撮りたいときには足りない状況です。ZUIKO DIGITAL 50-200mm/F2.8-3.5やテレコンが欲しいのですが、あわせ技で買うには気合がいるくらいの値段なので・・・(50mm/F2 Macroや11-22mmなど欲しいレンズがあるのもあり)

USでの価格が$500くらいなので、日本でも同じくらいとすると、手が届く範囲かなぁ、とも。

それに、これを導入すると、コンデジの整理ができるのも魅力を感じている部分です。下記の通り。

LUMIX FZ1:さすがに最近は使っていないのですが、広角側も望遠側もSP-550UZの方が幅があるので、この点魅力。さらにFZ-1用に購入したTCON-17(x1.7)やRaynox DCR-2020PRO(x2.2)も復活。

FinePix S9000:E-330導入によって、早々にメインの座を明け渡しましたが、VGA 30fpsでズーム中のAF可、と手持ちのコンデジの中でもっとも高機能なので手放せない状態(ビデオカメラを買うほどは動画を撮影しないので…)。
SP-550UZが28mmからというところも代替機として十分。

E-100RS:ゴルフイベントでのスイング撮影用にヤフオクでゲットしたもの。2台体制の方が安心と感じているのですが、E-100RSをもう1台購入するよりよいかと。コンペパーティでプロジェクターから投影するだけなので、1.2M Pixelでも十分。

デザインも前機種のSP-510UZに比べると、SP-550UZの方が個人的には好きなのもポイントが高いです。
日本での発表が楽しみですね。
[PR]
by ohkujiraT | 2007-01-28 00:08 | 機材関連 | Comments(2)
Commented by meteortrain at 2007-01-29 20:35
前評判の高いコンデジですね。
オリンパス、よくやった!という声を聞きましたよ。
私は先立つもの(お金)の余裕が無く、手が出ませんが、
ohkujiraTさん、どうですか、いきますか?
Commented by ohkujiraT at 2007-01-30 14:55
meteortrainさん
たしかにネットでも評判がよいですね!
わたしも先立つあてはありませんが、値段しだいではフラフラといってしまいそうです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 7107 Islands 水仙 その2 >>