2015-17 機材整理 その34:E-M1 Mark II 試し撮り Part9 ~M.ZUIKOで望遠マクロ 紅梅篇~
ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD(以下「ZD 50-200 SWD」)とZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter EC-14(以下「EC-14」)での望遠マクロとくれば、M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(以下「M.ZD 40-150」)とM.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14(以下「MC-14」)ではどうか、というところに興味が湧くのは言うまでもありません。
前の記事に掲載したLEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S(以下「VE 14-150」) と一緒に持っていってました。

物理的に望遠端がZD 50-200 SWD+EC-14より短いことから、動物園での撮影では「望遠側が足りない」と感じることがありますが、果たして望遠マクロではどんな結果だったでしょうか。

ある程度枚数があるので、2回に分けて掲載します。
今回は紅梅篇。

少し伸びた枝の先が分かれていて面白かったので。
d0087407_00573597.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO+MC-14, 170mm(35mm換算 340mm), F4.5, 1/500秒, ISO200, FastStone Image Viewer 5.8 (リサイズのみ)




まだ咲き始めの枝の一輪咲きは好みです ^^
d0087407_00573057.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO+MC-14, 190mm(35mm換算 380mm), F5.0, 1/640秒, ISO200, FastStone Image Viewer 5.8 (リサイズのみ)

前の記事にも掲載した枝を少し位置を変えて撮影。
d0087407_00572792.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO+MC-14, 210mm(35mm換算 420mm), F6.3, 1/1000秒, ISO200, FastStone Image Viewer 5.8 (リサイズのみ)

枝垂れは最初の記事の頃に比べてつぼみは膨らんでいましたが、まだまだです。
二輪咲きをいれつつ、引きで。
d0087407_00572328.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO+MC-14, 63mm(35mm換算 126mm), F8.0, 1/500秒, ISO200, FastStone Image Viewer 5.8 (リサイズのみ)

上の写真の二輪だけをアップで。
d0087407_00572260.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO+MC-14, 210mm(35mm換算 420mm), F6.3, 1/640秒, ISO200, FastStone Image Viewer 5.8 (リサイズのみ)

もう1枚枝垂れを。
d0087407_00571661.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO+MC-14, 210mm(35mm換算 420mm), F6.3, 1/640秒, ISO200, FastStone Image Viewer 5.8 (リサイズのみ)

VE 14-150でのAFが決して遅い、というわけではありませんが、合焦スピードが違うので、最初はテンポがあいませんでした。
スパスパ合焦してくれます。(でも、E-M1初代にあったスモールターゲットは復活してほしい場面が何度かありました。)


[PR]
by ohkujiraT | 2017-03-13 03:13 | 機材関連 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 2015-17 機材整理 その... 2015-17 機材整理 その... >>