OLYMPUS OM-D E-M1登場 (実機見る前 ^^;)
OLYMPUSからOM-D E-M1がフォーサーズとマイクロフォーサーズを統合するフラッグシップとして発表されたのはご存じの通りです。

これに関する記事を書くまではシリーズものは載せられないなぁ~、と思って予約投稿分は先に延ばしたものの、平日は書く暇もなくズルズル来てしまいました。

で、今朝、出先で時間があり、以下の記事を書いたのですが、大阪空港に戻った時点で「オリンパスプラザに行く時間がある」ということに気づき、立ち寄りました。
そのため、今となっては解明されたこともあるのですが、記録としてして掲載しておきます。

実機を手に取ったインプレッションは、先ほど帰ってきたばかりなので明日にでも掲載します。

--<今朝時点ここから>--

現在、E-5をメインに使用していることから、E-5後継機に関しては、並々ならぬ関心を払っており、E-M5もE-P5も見送って、後継機の登場に備えてきました。
そして、登場したのがマイクロフォーサーズベースのE-M1で、「フォーサーズレンズをストレスなく使える」性能を備えていると発表されています。

国内外のレビュー記事やオリンパスプラザなどでE-M1を手に取られた方のインプレッションを「目を皿のようにして ^^;」拝見し、実際の使い勝手を想像するここ数日です。
また、E-7の開発はかなり進んでいたものの、コアなユーザーにしか売れないであろうE-7を出すのを経営的に諦めたということもわかってきました。

私の関心のあるところ中心で総合すると下記と理解してます。
▶ フォーサーズレンズの(屋外での?)AF等の動作はさほど問題はない。
▶ S-AF速度は条件により、同等あるいはその上下(像面位相差AFは縦のラインセンサーだけでクロスセンサーはなく、37点のAFポイントで補っているらしい)。
▶ C-AFの性能はまだよくわからない(どのような動体をとるかにより評価基準が分かれるので判別が難しい)
▶ マイクロフォーサーズアダプターであるMMF-3の剛性には不安有(重いレンズの装着時)
▶ 画質はまずまず(E-5登場時にRobin Wonさんのブログで拝見した時ほどのインパクトは自分にはなかった)
▶ 高感度画質も改善されている(E-5比 2段分程度)

それで、E-M1の導入は現時点では白紙で、実機を触ってみて欲しくなるかどうか判断したいと考えてます。
E-7だったら、「よく出してくれた(感涙)」とばかりに、深く考えずにポチっといってたのですが…

過去の記事に記載した通り、マイクロフォーサーズのボディ、レンズは、主にフォーサーズレンズの下取りに出してしまい、既存資産は全くありません(はっ、MMF-1があった)。
これは、下取りしないと買えなかったこともありますが、マイクロフォーサーズより、フォーサーズの方が撮っていて楽しかったという要因もあります。
このため、マウント変更とまではいきませんが、感覚的にはそれに近い気分でいます。(E-7が出ても、いずれその時期は来るのですが)。
「マウント変更」で考えると、運動会やだんじり祭でC-AFの高い性能が欲しいので、この観点からはニコンのD300s後継機やキヤノン 7D Mark2といったところも視野に入ってきます。
いままでマウント変更に踏み切らなかったのは、フォーサーズレンズを使いたい、オリンパスの尖がったテクノロジー~平均点は悪いけど、ここだけは突き抜けてる~ にあります ^^;
もちろん、同等のレンズを揃える金額を見て、諦める可能性もあるのですが、各社出揃うまで待ってみるのも1つの手段かと。(かすかな望みで「E-7限定生産」みたいなことが起こったりする… かな??)

マイクロフォーサーズもPROシリーズのズームレンズが揃ってきたら、フォーサーズレンズの竹クラス以上も代替できるようになるかと思いますが、現時点では標準ズーム1本だけなので、しばらくは悩みどころですね。
予約キャンペーンに乗り損ねたら、しばらくは今の体制でいくことになると思います。

--<今朝時点ここまで>--

はてさて、実機を手に取った感想は ^^
[PR]
by ohkujiraT | 2013-09-14 17:10 | 機材関連 | Comments(9)
Commented by kame3z at 2013-09-14 20:09
私は、マイクロのレンズを、Nikonのレンズを揃える為にドナドナしてしまいました。
手持ちのM・ZDレンズは、ED60Macroの1本のみです。
それ以外の画角は、フォーサーズレンズでなんとか対応してきました。
現状に比べれば、スゴい改善になると思います。

ボディに続いて、12-40を予約しました。
プロシリーズは、今後、全て手に入れるつもりです。
松の大三元に対し、マイクロの小三元という感覚ですね !
Nikonの方は、当分、塩漬けです !
と言うか、元手を作る為に、揃えたレンズを処分しております。。。
Commented by のぶっち at 2013-09-15 09:16 x
なるほどー、やはり皆さん本当に悩んでおられますね。

自分は、ちょっと事情が異なっていて、E-5に行かなかった口なんですよね。やはりE-M5に慣れた体はE-5、E-30のズシリは堪えます。しE-30ですら運動会用になってます。
元々はじめに選んだボディも軽量なE-3桁とかだったこともあって、どうしてもこれが基準です。

またフォーサーズのレンズの描写については松をもっておらず竹ばかりでしたが、それでも、他のC、N、Pもちの方々と同行して撮影会した感触では、どうみても4/3の竹の方が描写が上でした。
Cの24-70ってどうしてあんなにもてはやされるのか理解できない描写でした。そうなれば、今更他社に行く気にもなれないんですよね^^;

またE-M5になってレンズ構成もどんどんマイクロにシフトしているので、今回のE-M1は願ったりです。
今の悩みは12-35、12-60を手放して12-40の1本にするかどうかですね。
Commented by のぶっち at 2013-09-15 09:19 x
追伸)

MMF-1持たれているのなら、雨天以外はそちらを使うべきです。
間違いなくMMF-3とは造りが違います。マイクロにするならね。
Commented by たぁぼう at 2013-09-15 20:59 x
実機見る前とは言え心境は複雑ですよねー。
レフが無いのは撮影時に何かが足りない気分ですよ。

>撮っていて楽しかったという要因
オレはこの部分、とても共感できます。
そうでなければ趣味じゃなくなると思ってますから。
ただ時代の流れでいつかミラーがなくなるのであれば今のうちに、とか考えちゃいますね。
でもそうなるのはずいぶん先となることを願ってます。
Commented by ohkujiraT at 2013-09-15 21:41
フォトンさん、こんばんは。
機材選びは楽しいとともに悩ましいですね。
E-M1は、マイクロのレンズ(竹クラスですかね)が揃うまでZDレンズをつなぎとして使うにはまずまずの性能のようです。
松の大三元に、「新」竹の小三元、いいですね。
となると、入れるかどうかの悩みは深まります ^^;
Commented by ohkujiraT at 2013-09-15 21:46
のぶっちさん、こんばんは。
いいタイミングで追伸をいただいました。
疑問の1つが解消しました。

上の記事にも書きましたが、E-5の後継機として捉えるより、小型軽量の観点から、E-620の発展強化版としてみた方がすっきりするような気がしてきました。
街中にも気軽に持ち出せるので、稼働率は高くなりそうです。

手に取った感触もよかったので、これはいいかも…
Commented by ohkujiraT at 2013-09-15 22:08
たぁぼうさん、こんばんは。
気分的にはOVFとEVFの違いは大きいですね。
スルーの画像が見えると楽しいです。
ただ、実機を見て触ってしまいました。
EVFとはいえ、それ以外の部分はとてもよく、前向きにさせる力があるので危ないです ^^
昨日はZDレンズが使い物になるかどうかに意識が集中していたので、EVFまでチェックしてませんでした…

Commented by xylishcool at 2013-09-16 15:26
お久しぶりです。
E-5の後継機種がなくなって残念ですね。妻は元々OLYMPUSユーザーで、E-510、E-30を所有しています。私はE-300のみ所有して12-60mmのみ所有しています。
こうなると後々のサポートが気になりますね。
私はマイクロではパナのユーザーなので、微妙な感じがします。
Commented by ohkujiraT at 2013-09-16 22:59
xylishcoolさん、ご無沙汰してます。
忘れたころにE-7が出てくることにかすかな望みを捨てていないのですが、順当に考えるとなさそうですね…

いままでのオリンパスのサポートからすると、7-8年は大丈夫のような気はします。(E-1、E-300は先日終了していますが…)
カメラ事業が継続していれば、という条件付きかと思いますのでマイクロフォーサーズが売れてくれないとまずいですね ^^;、
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< OLYMPUS OM-D E-... 大阪市街撮り歩き >>