水仙の季節は過ぎ…
すでに水仙の季節が過ぎつつあるので、終わる前に掲載しておきます。
撮影場所は花の文化園と蜻蛉池公園から2枚ずつ。満開前の1月にちょこっとの時間で撮影しただけなので、2パターンの写真となりました。
機材は、花の文化園で撮影した前半2枚がPanasonic LUMIX DMC-GH1(以下「GH1」)+ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 Macro(以下「ZD3535」)、蜻蛉池公園で撮影した後半2枚がOLYMPUS E-3+ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SW+ EC-14でした。GH1にZD3535だとマニュアルフォーカスで、慣れないこともあり、ちょっと苦労しました。

ところで、毎月買っているデジタルフォトの最新号である3月号をパラパラとめくっていると、フォトコンテストの最後のページに5月号(4月20日発売号)で休刊する旨のお知らせが記載されていました。
私は、カメラ雑誌といえば、デジタルフォトとデジタルカメラマガジンを読んでいるのですが、ここ2-3年はデジタルフォトは毎月買って、デジタルカメラマガジンは内容により、買う買わないを決めていました。
これは、デジタルフォトが比較的製品紹介に偏らず、ギャラリーや撮影テクニック、連載などにタメになる記事が多いように感じていたからにほかなりません(広告費を稼げなかったのか…)。
それだけに今回の休刊のお知らせは残念な思いです。とはいえ、デジカメを使い始めた頃(当時はまだ「デジタルフォト専科」だったような)から楽しませていただいているので、編集部の皆さんや記事を書かれてきた写真家の皆さんにはお疲れさまと言いたいですね。

花の文化園、クリスマスローズガーデンに植えられていた水仙。1月半ばのこの日は、お日様の光が射すところだけが咲いていました。
d0087407_23103782.jpg
Panasonic LUMIX DMC-GH1, ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 Macro, 35mm(35mm換算 70mm), F11.0, 1/50秒, ISO125, SILKYPIX Developer Studio Pro




こちらは横顔。
d0087407_23132825.jpg
Panasonic LUMIX DMC-GH1, ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 Macro, 35mm(35mm換算 70mm), F9.0, 1/320秒, ISO100, SILKYPIX Developer Studio Pro

花の文化園の翌週、蜻蛉池公園の水仙の谷で撮影したもの。撮影しに行ったわけでなく、子供を遊びに連れた来たため、10分くらいで撮影してました。
d0087407_23133636.jpg
OLYMPUS E-3, ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD, EC-14, 283mm(35mm換算 566mm), F7.1, 1/640秒, ISO100, SILKYPIX Developer Studio Pro

正面に続いて、横から。ホントにパターンが固定化してますね ^_^;
d0087407_23134564.jpg
OLYMPUS E-3, ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD, EC-14, 283mm(35mm換算 566mm), F8.0, 1/400秒, ISO100, SILKYPIX Developer Studio Pro
[PR]
by ohkujiraT | 2010-03-04 23:30 | | Comments(14)
Commented by たぁぼう at 2010-03-04 23:54 x
スイセン、終わりましたねー。
けれど今シーズンもいっぱい撮りました♪
さて、撮り方はどうだったかなんてのはもう忘れちゃってますが(爆)。
光の加減でしょうか、一枚目は鮮やか、やや蛍光色に近く見えます。
いや、もしかしたらPCモニターのせいかも?・・・(^^;
それにしても、寄れる、大きく撮れるってのはイイですね。

カメラ・写真雑誌の休刊、それは残念です。
とかいいながら、オレはもう何年も買ってませんが...。
もっぱらネットになっちゃいました。
Commented by miyatannaotan at 2010-03-04 23:59
あら、一緒ですね。僕もデジタルフォトはほぼ毎月買って、デジタルカメラマガジンは内容次第。。。
あとはカメラマンのレンズ比較で気になっているレンズが載っている時。あとはCAPAとか。一月に4冊
とか買ってしまう時もあります^^; 休刊とはかなり残念です。
水仙はやはり透過が似合いますね。この2箇所は水仙撮りにはいい場所ですよね。どちらもohkujiraTさん
の影響で行きだした場所ですが^^;
Commented by kujirax1 at 2010-03-05 00:17
このすこしラメなのも特徴ですね。
これが陽にあたりキラキラと。
花が仲良く咲いていると賑やかでよいですね(^^
Commented by debumegane at 2010-03-05 01:00
水仙といえば、越前岬。
今年も結局行けずじまいでした。
綺麗な花なんですけどねー。
遠出するには、もうひとつ何か欲しいなぁ。
Commented by sacchon-happy at 2010-03-05 01:43
写真雑誌はお友達が紹介された号の女子カメラを一冊買ったきりです(^_^;)
そっか、私は勉強せーへんから、進歩せーへんねんな(-.-;)
我が家の水仙は蕾すら出てないですよ。
私とおんなじのんびりさんです。
Commented by yozora_nagameyou at 2010-03-05 18:11
こんばんは。
逆光の水仙がすっごく魅力的です!

『デジタルフォト』私も定期購読しています。
休刊してしまうのはとても、とても寂しいです。
Commented by ohkujiraT at 2010-03-06 11:54
たぁぼうさん、こんにちは。
私のPCでも1枚目の葉っぱは蛍光色に見えますよ。
現像段階で、黄色の鮮やかさを優先したら、葉っぱが蛍光色っぽくなりました ^_^
通勤の時もiPhoneで遊んでいると、雑誌も読む暇がなくなってしまってきてます。こういうことも活字離れに拍車をかけているんでしょうね。
Commented by ohkujiraT at 2010-03-06 11:58
miyatannaotanさん、こんにちは。
メインの写真雑誌がなくなると、雑誌そのものを買わなくなってしまうかもしれませんね…
水仙を撮るには、南大阪ではこの2ヶ所はアクセス時間が短くて済むので、撮りに行きやすいですね。
Commented by ohkujiraT at 2010-03-06 12:00
kujirax1さん、こんにちは。
水仙は透過させるとラメ入りでキラキラになるのが好みです。
水仙は花一つよりいくつかの塊りで咲いていて、それも一面で咲き誇る姿が刷り込みされているイメージなので、どうしてもそういう姿を捉えてしまいます。
Commented by ohkujiraT at 2010-03-06 12:03
風豚さん、こんにちは。
越前岬も水仙が名物でしたか。
1月2月に水仙を撮りに越前岬まで行くのは寒くて気乗りがしないですね。
カニ&温泉ツアーと称して撮りに行くとよいかもしれません。
水仙はあくまで途中のアクティビティということで^_^
Commented by ohkujiraT at 2010-03-06 12:07
sacchon-happyさん、こんにちは。
写真雑誌は、撮影テクニックの記事や写真家の方の写真も参考になるのですが、コンテストで入選された方々の作品も手が届きそうなだけに参考になりますよ。
写真の上達は座学も必要ですが、撮って撮って撮りまくる方が上達するのだと思います。撮って見直す、というプロセスがあった方がいいですが ^_^
Commented by ohkujiraT at 2010-03-06 12:13
夜空さん、こんにちは。
カメラ雑誌の中でも、写真がきれいで、画像のダウンロードサービスなど意欲的な取り組みをしていたので、残念です。なんといってもipiさんの記事がなくなるのがイタイです。
機材の記事が少ないと広告がとれないのかもしれないですね。
せめてWebで継続してくれるといいのですが。
Commented by mokonotabibito at 2010-03-06 20:58
透過光のスイセン綺麗ですね!
とても参考になります。

デジタルフォト休刊残念ですね。
私のようなカメラ馬鹿でもカメラ雑誌は本屋で立ち読みするだけなので、出版業界は苦しい時代だと思います。
私はやっと東京から帰ってきました。
またこれからも宜しくお願いします!
Commented by ohkujiraT at 2010-03-06 23:16
mokonotabibitoさん、おかえりなさい。
今回はちょっと長めの出張でしたね。写真を楽しみにしてます ^_^
写真がきれいな雑誌だっただけに残念です。
ブログやSNSに割く時間が増え、情報もインターネットでとれるので、雑誌には厳しい時代ですね…
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 冬の名残 100万人のキャンドルナイト@... >>