宮古島 2008 その23(最終回):瑞光 ~ ZUIKO
「瑞光」といえば、オリンパスの往年の銘レンズ… ではなく、ここ宮古島では「宮古島のナポレオン」と呼称される泡盛です。

宮古島東急リゾートの売店で池間酒造謹製の「瑞光」が販売されていることを2008年9月22日に現地から記事を掲載しました。しかし、お値段が5,000円超の古酒で、ちょっと買ってみよう、というには手を出せない値段だったこともあり、その時は諦めたのでした。

が、大阪に戻ってからも気になったままで、ネットで調べてみると、古酒でないものも売ってました、1,050円で。おぉ! とばかりにポチっと購入(送料500円だったんですが ^_^;)。

古酒の「瑞光」は、黒い瓶に黒地に金文字のラベルでしたが、こちらはさわやかな色合いです。古酒でない若さを現しているのでしょうか。なお、化粧箱は、こちらも黒地に金文字で「瑞光」、「ZUIKO」と印刷されてました。
「瑞光」に敬意を表して、手持ちのZUIKO DIGITALで一番高いZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD(以下「ZD50-200」)で撮影。ボディは一番新しいOLYMPUS PEN E-P1(以下「E-P1」)。
d0087407_21475899.jpg
OLYMPUS PEN E-P1, ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD, 130mm(35mm換算 260mm), F6.3, 1/30秒, ISO800, SILKYPIX Developer Studio Pro



ありったけの手持ちのZUIKO DIGITALと記念撮影。
ボディはE-P1のままで、記念撮影に参加したZD50-200に代わりLUMIX G VARIO HD 14-140mm F4.0-5.8 ASPH. MEGA O.I.S.に登場願いました。d0087407_21485077.jpg
OLYMPUS PEN E-P1, LUMIX G VARIO HD 14-140mm F4.0-5.8 ASPH. MEGA O.I.S., 32mm(35mm換算 64mm), F9.0, 1/30秒, ISO800, SILKYPIX Developer Studio Pro

肝心のお味の方は、くせのないすっきりした味で、たまたまスダチをたくさんいただいていたので、炭酸水で割った瑞光に絞ると、さらに飲みやすくなりました。
泡盛倶楽部という販売サイトによると、「自然の力を用いて二日酔いの元となるアセトアルデヒド を取り除きます。」とあり、これならいくら飲んでもOK?と理解した私は試してみました、瑞光の深酒を…
結果、ワインや日本酒などの醸造酒系のお酒を飲み過ぎた時のひどい頭痛はないものの、身体は疲れるのは同じ、という結果に… (会社では「顔色悪いですよ」と心配されました ^_^;)

今回をもって、宮古島2008シリーズは終了です。旅行からちょうど1年で連載を終えることができ、ほっとしてます。とはいっても、未掲載の写真はあるので、たまに登場するかもしれませんよ(^_^)

宮古島 2008 INDEX
現地から1:9月20日は空の日(2008年9月20日掲載)
現地から2:旅行2日目の風景(2008年9月22日掲載)
現地から3:旅の空から3日目(2008年9月22日掲載)
現地から4:こ、これはっ!(2008年9月22日掲載)
その1:帰ってきました(2008年9月24日掲載)
(写真だけ)ありがとうござます!! 累計訪問者10万人&累計ページアクセス20万ページ(2008年12月13日掲載)
その2:到着(2009年1月2日掲載)
その3:池間島へ…??(2009年1月4日掲載)
その4:与那覇前浜ビーチ(2009年1月8日掲載)
その5:池間大橋のたもとから(2009年1月12日掲載)
その6:海へ(2009年1月17日掲載)
その7:船待ち(2009年1月25日掲載)
その8:南洋の雲(2009年2月1日掲載)
その9:八重干瀬(2009年2月8日掲載)
その10:夕暮れの海(2009年2月22日掲載)
その11:東平安名崎への道(2009年3月18日掲載)
その12:平安名埼灯台(2009年3月20日掲載)
その13:東平安名崎、東シナ海(2009年5月21日掲載)
その14:東平安名崎、太平洋の波(2009年5月23日掲載)
その15:宮古島東急リゾート 昼の風景(2009年6月13日掲載)
その16:宮古島東急リゾート 夜に向かって(2009年7月19日掲載)
その17:宮古島東急リゾート ドラゴンの花(2009年8月2日掲載)
その18:与那覇前浜ビーチ 荒れる波(2009年8月6日掲載)
その19:宮古島東急リゾート 庭園の花実(2009年8月13日掲載)
その20:宮古島東急リゾート ドラゴンフルーツの開花(2009年8月20日掲載)
その21:宮古空港 Part1(2009年9月9日掲載)
その22:宮古空港 Part2、そして、さよなら(2009年9月14日掲載)
その23(最終回):瑞光 ~ ZUIKO(2009年9月21日掲載)
[PR]
by ohkujiraT | 2009-09-21 23:24 | 沖縄 | Comments(22)
Commented by miyatannaotan at 2009-09-22 00:13
記念撮影、最高です!!(笑) 爆笑してしまいました。
画角が30度・・・違うか? 焦点距離が720mm・・・これも違うか?
専用マウントアダプターで超々望遠レンズとして使えたりして。。。
(んな訳な~い--;)
Commented by amselchen at 2009-09-22 01:38
こりゃあオリンパスに買い取ってもらえる写真じゃないすか♪
よって、☆☆☆
Commented by きょんち at 2009-09-22 13:33 x
さすがohkujiraさん、ライティングまで凝ってますね♪
泡盛は時々父がたしなんでましたが、私はひっくりかえりました(笑)
倒れることを前提に?いちどトライしてみたいものです(もちろん自宅のベッドの上で)
Commented by debumegane at 2009-09-22 21:19
座布団1枚w
瑞泉という泡盛なら知っていましたが、瑞光があるとは知りませんでした。
ところで、集合写真の背景はレタッチで切り取ったのですか?

Commented by kujirax1 at 2009-09-22 22:50
(〃^∇^)o_彡☆あははははっ
ZuikoDigitalとZuiko泡盛ですねw
泡盛のマウントアダプターがあったら、まさにアルコール消毒になりそうですね。でも意味が無いですね。。。 orz
Commented by yozora_nagameyou at 2009-09-22 23:21
こんばんは。
私も見ました。 高くて手がでませんでした。
古酒じゃないのもあるんですね!
私は空港でもうちょっと安い泡盛の古酒を買いました。
残念ながら今日は休肝日です。・・・残念じゃないですよね。(爆)
Commented by ohkujiraT at 2009-09-23 07:20
miyatannaotanさん、おはようございます。
先細りの部分に仕込まれた特殊レンズが720mm、35mm換算1440mmもの超望遠を実現・・・
しまった!そのネタ、使うべきでした(>_<)
もっと面白い記事になったのに〜 残念!
Commented by ohkujiraT at 2009-09-23 07:25
amselchenさん、おはようございます。
近所のキタムラに持って行けばいくらになるかなぁ、と(ウソ!)
もはや使い道のない旧40-150はドナドナ決定ですが。
Commented by ohkujiraT at 2009-09-23 07:30
きょんちさん、おはようございます。
ライティングなんてかっこいいことは・・・ 自然光ですよ。広い意味でライティングではありますが(^^ゞ
芋焼酎が呑めるようになってから、泡盛も呑めるようになりました。でも、ソーダ割りがいいですね。
Commented by ohkujiraT at 2009-09-23 07:36
風豚さん、おはようございます。
瑞泉なら近所のスーパーにもあるので、見知っていたのですが、瑞光を見つけた時は一人で盛り上がってました(^^ゞ
背景はベランダのカーテンで、朝日が差し込む時間帯に撮影して背景をとばしました。そうでもしないと家具やら子供のおもちゃが写り込むのです(爆)
Commented by ohkujiraT at 2009-09-23 07:41
kujirax1さん、おはようございます。
装着するとマウント内部を自動的にアルコール洗浄する新たなシステムで・・・
やっぱりこちらの系統のネタにしておけば(>_<)
Commented by ohkujiraT at 2009-09-23 07:47
夜空さん、おはようございます。
いいお値段でしたね〜。たしか試飲もなかったので、味もわからないままなのが残念です。
休肝日の決断は勇気がいります。よほど体調が悪いときくらいです。いけないのですが・・・
Commented by たぁぼう at 2009-09-23 20:24 x
こんばんはー。
おっ、これがあの伝説の逸品(の仲間)ですね。こんなレンズがあったとは(爆)!
なんて、それはそれで一度は必ず呑んでみよう、そう心に決めてます。
というのも、友達のおかげで泡盛にも味をしめてしまい、毎回見境無くなってるので(爆)。
けれど二日酔いのレベルは日本酒とかに比べるとはるかに軽く...。
>顔色悪い・・・
いいじゃないですか、オレも似たり寄ったりですから(笑)。
Commented by mokonotabibito at 2009-09-23 21:19
瑞光ですね!
泡盛の世界も深いですねえ・・・
宮古は特に酒の強い場所柄ですからね(笑)
「おーとーり」の飲み方は怖いですよね。
私はオリオンビールで十分です(爆)
Commented by heartfulphoto at 2009-09-26 00:35
こんばんは。
何とも洒落た一枚ですね。
これはぜひ堪能してみたいな^^
それにしても本物のレンズは、随分と豊富ですね♪
Commented by ohkujiraT at 2009-09-27 00:35
たぁぼうさん、こんばんは。
瓶底レンズがこれほどとは(なんつって ^^ゞ)
芋や麦の焼酎(乙類?)もそうですが、二日酔いは軽くて済みますよね。それを二日酔いに至らないレベルで終わるのではなく、軽く済むから~、とさらに飲む量を増やすのがいかんのですが…
ま、アルコールに苦しまず、楽しく飲めるのでOKですね。
Commented by ohkujiraT at 2009-09-27 00:40
mokonotabibitoさん、こんばんは。
あの狭い島内にいくつも泡盛を作っているところがあるのが、泡盛好きを現していますね。
宮古島ではオリオンビール、自宅では軟弱にソーダ割でゆっくり飲むのがいいです。
Commented by ohkujiraT at 2009-09-27 00:43
ベッカズさん、こんばんは。
瓶が半透明で逆光で撮影しているのが効いているかもしれませんね。
古酒になると、値段は高くても、随分まろやかで味わいが違うの面白いですよ。
レンズは安いものが種類多く、と言ったところです(^_^)
Commented by augustus_13 at 2009-09-29 10:19
瑞泉なら飲んだことありますが、瑞光ははじめて見ました。焼酎は飲めるし、泡盛も飲めますが、泡盛の方が酔いやすいです。。。
こうなったら、大阪の淀川区にある瑞光寺にこの泡盛を奉納しているところをズイコーレンズで撮らなきゃですね。
あれ?扇町公園の近くにも瑞光寺公園なるものがありました。。。
Commented by ohkujiraT at 2009-09-29 20:48
暗夜行路さん、こんばんは。
店で見つけた時はテンションが上がりました。醸造所もそれほど大きくなかったので、メジャーではないのかと思いますが、美味しい泡盛ででした。
今年、高い古酒の方を試飲しましたが、たいへんまろやかでさらにおいしかったです(^_^)
瑞光寺、気になってます。近ければ行ってみるのですが・・・
Commented by arata at 2009-10-04 01:22 x
ご無沙汰しております。
良い情報を拝見しました。ありがとうございます!
Commented by ohkujiraT at 2009-10-04 22:01
arataさん、こんばんは。
こちらこそご無沙汰しております。ちょこちょこ拝見させていただいております(^_^)
今年の宮古島は、同じ池間酒造の「太郎」というのを買って帰りました。瑞光の方がちょっと飲みやすい感じがします。
また、宿泊したホテルで瑞光の古酒(4,000~5,000円)の試飲ができたので、飲んでみると、これがまろやかでうまかったです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 宮古島 2009 その1:翼よ... 国内某所にてPEN E-P1 >>